麹町皮ふ科・形成外科クリニック

ptosis
眼瞼下垂症

眼瞼下垂とは、まぶたを引き上げる筋肉である眼瞼挙筋につながっている挙筋腱膜が伸びたり、瞼板から外れたりする病気です。
正常な状態の場合、目を開けようとすると挙筋が収縮し、その力が腱膜に伝わり瞼板が引き上げられまぶたが開きます。
しかし、老化あるいは摩擦などの物理的原因が繰り返されると 、腱膜と瞼板の接続部分が外れたり、腱膜自体が伸びたりしてしまうことがあります。すると、挙筋の力が瞼板に伝わりにくくなり、うまくまぶたを持ち上げることができなくなります。

このような方におすすめ

  • 目が細く、目つきが悪い
  • まぶたがくぼんで老けて見える
  • 眉毛を上げて目を開ける
  • 眠たそうな目
  • 左右の目の開きが異なる
  • 肩こり、偏頭痛が強い

眼瞼下垂の重症度分類

眼瞼下垂の症状

ご自身の目が開けにくい人や、眠そうな目は疲れた印象を人に与えると同時に、老けた印象にもなってしまいます。
眼瞼下垂の方は、目を開くために機能する眼瞼挙筋という筋肉の力が不十分です。目を開くために機能する眼瞼挙筋の代わりに額の筋肉で(前頭筋)で目を開こうとするため、額や目の周辺に皺が増えてきます。
さらにこのことで肩こり、頭痛を悪化させて、最終的にうつ病を誘発するとまで言われています。 条件に当てはまれば保険適応の手術になるため、早期に治療されることをおすすめいたします。早めの治療を検討するのも良いでしょう。

眼瞼下垂の手術方法

眼瞼下垂は、挙筋腱膜の外れやゆるみが原因のため、腱膜を修復する施術を行います。

1) 挙筋腱膜前転法

皮膚を数センチ切開して、ゆるんでいるまたは外れている挙筋腱膜を引き出し、腱膜の張りを回復させるように瞼板に縫い付けます。眼の開き具合に合わせて余った皮膚を切除するため、たるみも同時に改善することができます。

2) 人工筋膜・大腿筋膜移植

先天性眼瞼下垂の方が対象です。
人工筋膜または太腿の筋膜を採取して、上まぶたの瞼板と眉毛の皮膚下に筋膜を移植し、額の筋肉の力を利用して眼を開けやすくする方法です。

概要やリスク

麻酔

局所麻酔

所要時間

1時間

洗顔・入浴・メイク

洗顔・シャワー:翌日から可能です。患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴:長時間の入浴は腫れを長引かせる場合がありますので控えてください。
メイク:抜糸後から可能です。

通院回数

術後7日以降に抜糸
※通院回数は、術後の経過などによって異なります。

副作用・ダウンタイム

腫れ:7日~14日程度
傷跡:1ヶ月程度は赤みがありますが、2〜3ヶ月くらいかけて細い白い線になり、目立たなくなります。
内出血:7日~14日程度
左右差:下垂の改善度合いが不十分または過矯正により、左右差が生じることがあります。

注意事項

長時間の入浴は腫れを長引かせる場合がありますので控えてください。しばらくの間は温泉やサウナは控えてください。
術後はコンタクトを使用できない期間があります。コンタクトで視力矯正中の方はメガネをご準備ください。
※個人差がございます、あくまで目安とお考えください

当院の症例

当院の症例_眼瞼下垂

料金表

眼瞼下垂症
418,000円

PAGETOP

03-6261-4320
受付時間10:00~19:00 / 休診日:不定休

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階
麹町、市ヶ谷、半蔵門、永田町からもアクセス良好

診療時間 / 休診日:不定休

日・祝
10:00

13:00

診療時間を
ご覧ください
14:00

19:00

14:00

17:00
(最終受付16:30)

診療時間を
ご覧ください

※診察受付開始は初診・再診とも診療時間10分前です。

■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)
■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)
■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、
ホームページに記載されている診療時間をご覧ください。