医療法人社団FAM
logo
麹町皮ふ科・
形成外科クリニック
logo
BIOTOPE CLINIC

LINEでオンライン
診療を予約する

ピルはオンライン処方!!
(低用量ピル)
月額3,300円~

ピルはオンライン処方!!
(低用量ピル)

月額3,300円~

  • 初回初診料・送料無料
  • 1日
    110円~
  • 最短
    翌日発送

※送料は沖縄・離島除きます。
※1日110円は1ヶ月30日で計算しています。

女医さんの画像

こんな方には
オンライン診療のピル処方がおすすめ

  • チェックの画像

  • 仕事や家庭の事で忙しく、
    クリニックに通院できない

  • チェックの画像

  • ピルを飲んでいるけど、
    次のシートをもらいに行くのが面倒

  • チェックの画像

  • 初めてピルを飲むので、
    自分にあうピルを相談したい

  • チェックの画像

  • 生理不順、PMSや月経前症候群などの
    生理の悩みがある

  • チェックの画像

  • 避妊をしたい

そんな方には
当院のオンライン診療が
おすすめ!!

当院のオンライン診療が選ばれる理由

女医さんのイラスト

初診料無料で簡単にピル処方

初診料無料で初めてのピルでも安心!
自分にあうピルを医師と相談ができます。

女医さんのイラスト

自宅でも外出先でも診察可能

自宅でも出先でもオンライン診療が可能に。
交通費や通院時間を削減できて
忙しい方におすすめ

女医さんのイラスト

種類豊富で続けやすい価格

毎日服用するものだから、
継続しやすい料金でお届け。
症状にあうピルを医師が処方します。

※自費診療となりますので、定期的に
クリニックにて検査を推奨しています。
※再診では再診料がかかります。
※送料は一律550円になります。

ピルとは?

  • 女医さんの画像
  • ピルは卵胞ホルモンと黄体ホルモン、
    2種類のホルモンが含まれている薬です。
    生理痛の緩和や婦人科系の病気の緩和、月経移動、
    ニキビや肌荒れの改善、避妊などに効果があります。

女性はライフステージにあわせて
身体や心にお悩みがでてきます

女性は年齢を重ねるにつれて、女性ホルモンや環境の変化によって
さまざまな症状や病気を発症するリスクがあります。

女性のライフステージにおける健康上の問題 女性のライフステージにおける健康上の問題についてのグラフ

これらの中には、ピルで予防できる病気も
あります。
だから現代人の女性にはピルが求められて
いるんです。

―こんな方が実際にピルを服用しています―

PMSの症状が
気になる
月経量が多い 婦人科疾患を
もっている
月経不順が
ある
にきびや肌荒れが
ある
毎月の生理が
つらい
実際にピルを服用している方の特徴

  • 女医さんの画像

  • ピルは正しく服用すれば、
    女性の強い味方!!
    当院でははじめてのピルでも、
    一人ひとりのお悩みにあわせて
    ピルを処方いたします。

ピルの効能やメリット

  • 生理痛の緩和
  • にきびや肌荒れの予防
  • 卵巣がん予防
  • 生理周期を整える
  • PMS、月経前症候群の改善
  • 月経の移動
  • 月経量の減少
  • 子宮内膜症の予防
  • 避妊
ピルの効能やメリットについての画像

―ピルを選択の1つに―

女性が生理前後に悩まされるイライラ、頭痛、眠気、
下腹部痛、胸の張り、気分の落ち込みなどは
自分自身では症状をとめることができず、仕事や日常生活に支障をきたしている方もいます。

昔と現代の女性の生涯の月経数の比較画像

昔の女性の月経は子供を何人も育てていたため、
生涯の月経の回数は約50回と言われていました。
しかし、現代の女性は平均初潮が12歳と早くなり、出産回数の減少から生涯の月経が約450回と
昔の約5倍になっていると考えられています。
そのため、月経が増えたことによってPMSや月経前症候群、更年期、婦人科疾患などの病気や症状に
悩まされる方が増えているのが現状です。

子育てをする女性、仕事をする女性、プライベートを大切にする女性等様々な女性の画像

現代では、個々の生き方や価値観が受容され、仕事を頑張りたい女性、結婚や妊娠を望まない女性、
プライベートを大切にしたい女性など、さまざまな生き方が大切にされてきています。
女性が自ら人生のQOLを高めて、人生を選択していくために、
ピルで生理や女性ホルモンの乱れからくる症状をコントロールしませんか?

  • 女医さんの画像

  • 当院では、
    女性のライフステージに
    あわせた医療

    ご提案しています。

当院のオンライン診療の
予約はこちらから!

取り扱い商品

ピルの服用方法

  • 薬のイメージ画像

  • 1日1錠を決まった時間に服用します。
    飲み始めは、生理が開始して1~5日以内に開始しましょう。
    その他のタイミングで始めたい方は、
    医師にご相談ください。
    飲み始めてから1週間は避妊効果が弱いため、飲み始めて1週間の間は
    別の避妊法を併用ください。

飲み忘れた場合

1日以内の場合

飲み忘れに気づいてすぐに飲み忘れた分を
内服してください。
当日の分はいつもの時間に内服し、翌日からは
いつもの時間にピルをのんでください。

飲み忘れた場合の説明を図に表した画像

2日以上飲み忘れた場合

服用を中止して次回の生理のタイミングで内服を
再開してください。
ピルを飲んでない場合は、7日間連続で
内服していない場合は、
避妊効果が低下しているため、コンドームなどの避妊方法を用いて避妊してください。

1シート28錠タイプの低用量ピルの場合は、4週目のお薬はプラセボ(偽薬)に
なりますので、飲み忘れても問題ありません。
飲み忘れた薬は服用せず、翌日から当日分の薬の服用を継続してください。

お薬が届くまでの流れ

  • チェックリストの画像

  • 診察申し込みボタンから
    希望の診察日を
    ご連絡ください。

  • スマホの画像

  • 予約した日時に
    【オンライン診療URL】より
    お入りください。
    身分証明書のご提示も
    お願い致します。

  • 女医さんのイラスト

  • オンライン診療修了後に
    決済URLより
    お支払いをお願い致します。

  • トラックの画像

  • 決済完了後に、
    商品を発送いたします。
    ※商品とは別途配送料を
    頂戴いたします。

料金

1ヶ月分 3ヶ月分 6ヶ月分 定額プラン
トリキュラー28 低容量ピル 3,380(税抜) 3,718円(税込) 9,460(税抜) 10,406円(税込) 17,820(税抜) 19,602円(税込) 2,703(税抜) 2,973円(税込)
マーベロン28 低容量ピル 3,380(税抜) 3,718円(税込) 9,460(税抜) 10,406円(税込) 17,820(税抜) 19,602円(税込) 2,703(税抜) 2,973円(税込)
フリウェルLD 21 低容量ピル 3,380(税抜) 3,718円(税込) 9,460(税抜) 10,406円(税込) 17,820(税抜) 19,602円(税込) 2,703(税抜) 2,973円(税込)

送料550円(沖縄・離島除く)
診察料1,500円

―日本のピルの服用はわずか約%―

日本のピルの服用率を世界と比較したグラフ

日本ではピルの正しい効能や副作用が理解されておらず、世界と比べても普及が遅れています。
また、海外では薬局で購入ができますが、
日本ではクリニックの受診しなければ
購入ができません。

そんな日本もオンライン診療の普及で、
クリニックに行かなくても
ピルが購入できるようになりました。

当院のオンライン診療はここが違う!!

  • 聴診器のアイコン

    初診料無料

    はじめての方でも安心して受診しただけます。
    オンライン診療なので、自宅からでも外出先でも可能。

  • トラックのアイコン

    最短翌日発送

    「今飲んでいるピルがなくなりそう」
    「病院に行く時間がない」そんな方のために、最短翌日発送可能。
    ※沖縄・離島除きます。

  • 女性のアイコン

    あらゆる女性のお悩みに対応

    当院は、婦人科医師のみならず、心療内科、皮膚科、形成外科の医師も在籍しているため、女性が抱えているお悩みに対応可能です。
    気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

ストレスフリーな毎日を

ストレスフリーな毎日を 上手にピルを生活に取り入れよう

上手にピルを生活に取り入れよう

そんな方には
当院のオンライン診療がおすすめ!!

よくある質問

低用量ピル(OC)とは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の
女性ホルモンが2種類はいっているお薬です。避妊だけでなく、月経困難症、月経前症候群(PMS)、
つらい生理痛、イライラ、にきびなど女性が生活する上で不快な症状を軽快してくれる役割があります。
他にも卵巣がん、子宮体癌、大腸がんなどのリスクを予防するという報告もあります。

原則は生理がはじまってから5日以内に服用を開始します。 1日1錠を決まった時間に飲んでください。

ピルは毎日きまった時間に飲む必要があります。 ご自身の生活サイクルにあわせて、服用する時間を決めましょう。

■飲み忘れた場合■
1日以内の場合は、飲み忘れに気づいてすぐに飲み忘れた分を内服してください。 翌日からは、いつもの時間にピルをのんでください。

■2日以上飲み忘れた場合■
服用を中止して次回の生理のタイミングで内服を再開してください。 ピルを飲んでない場合は、避妊効果が低下しているため、コンドームなどの避妊方法を用いて避妊してください。

正しく服用すれば約99,7 %避妊できます。低用量ピルは、排卵を抑制することで子宮内膜の増殖を抑え受精卵が着床しにくい状況を作り、避妊を可能にしています。 また、子宮頸管の粘液を精子が子宮内に入りにくくなります。「男性任せにせず、女性が自ら実行できる」という点も重要です。

ピルの内服を終えると妊娠が可能です。 ピルを内服して服用を中断してからも、約3カ月以内には生理がくると言われています。 妊娠前のピルの服用も、胎児には影響がないとされています。

最も多い副作用ははきけ・頭痛・倦怠感の3つです。しかし、ほとんどの方はのんでいるうちに消えていきます。また、のみ始めに不正出血が見られることもありますが、1か月程度で消失することがほとんどです。世界では1億人以上が内服し、オランダでは14~16歳のティーンエイジャーに無料配布もされています。不安なようでしたら、まずは1か月など短い期間お試しにのんでみて、効果を体感してみてはいかがでしょうか。

病気がない初経を迎えていれば、10代でも内服可能です。月経困難症、子宮内膜症を予防できるデータもあります。また、40歳以降の閉経前の方でも内服が可能です。 更年期や高脂血症、骨粗鬆症などの予防にも繋がると言われています。

ピルをのむことにより、不妊になるということはありません。ピルはのんでいる期間のみ排卵を抑え、避妊効果を発揮します。むしろ生理不順の方や月経困難症の方が、一定期間ピルを服用して生理周期を整えることで、ピルをやめた後には排卵が規則的に起こり、妊娠しやすい状態になります。

のみ始めに不正出血が見られることがありますが、1週間以内に治まることがほとんどです。また、のみ忘れにより出血することがありますので飲み忘れには注意してください。

当院では自費診療でピルを処方しておりますので、保険は使用できません。

内診は必要ありませんが、当院では半年に1度血液検査、年に1回の子宮がん検診などの検査をうけていただく事を推奨しております。

―ピルの服用にあたっての注意事項―

デメリットや副作用

不正出血、悪心、嘔吐、吐き気、ふらつき、めまい、頭痛、浮腫や体重増加、
胸の張り、気分の浮き沈み、肌荒れ等があります。
一時的なものであり、服用して1~3カ月たつと症状はおさまると言われています。
副作用が強い場合は、医師へご相談ください。

血栓症のリスク

重大な副作用に血栓症があります。
ピルを服用すると、血栓症のリスクがわずかに上昇するといわれています。
ピルを飲んでいない人が血栓症を発症する割合は
年間1万人に1~5人であるのに対し、ピルを飲んでいる人は3~9人という
データがあります。

当院では、半年に1回の検査や1年に1回の
子宮頸がん検診を推奨しています

ピルの服用ができない、注意が必要な人

  • ・35歳代以上の女性で、タバコを1日15本以上吸う人
    ・妊娠している女性
    ・授乳中の人
    ・乳幼児
    ・合併症や過去になんらかの病気にかかった人
    ・現在病気にかかっている人
    ・遺伝性の病気にかかった近しい身内がいる人
    ・子宮筋腫
    ・乳がん(身内も含む)
    ・乳房結節や乳腺
    ・心疾患
  • ・てんかん
    ・糖尿病
    ・ポルフィリン症
    ・高血圧
    ・腎機能障害
    ・腕や指にけいれんが起こる人(テタニー)
    ・腎疾患
    ・肝機能障害・肝障害
    ・脳卒中
    ・心臓病

Clinic

クリニック情報

  • 麹町院
    麹町皮ふ科・形成外科クリニック

    麹町皮ふ科・形成外科クリニック

    皮膚科 / 形成外科
    美容外科 / 美容皮膚科 / 再生医療

    東京都千代田区平河町1-4-5
    平和第一ビル地下1階
    TEL:03-6261-4320
    麹町、半蔵門、永田町駅から徒歩1~5分

  • BIOTOPE CLINIC
    BIOTOPE CLINIC

    BIOTOPE CLINIC

    皮膚科 / 形成外科
    美容外科 / 美容皮膚科 / 再生医療

    東京都港区白金台4丁目9-10
    グリーンリーブス 2F
    TEL:03-5422-9901
    白金台駅から徒歩1分