美容外科・美容皮膚科・医療脱毛・医療ダイエット 麹町皮ふ科・形成外科クリニック

各種検査

case01腸内細菌検査(マイキンソー)

学会やメディアなどで「腸内フローラ」が取り上げられております。

「MykinsoPro」4つの特徴
  • 次世代シーケンサーを使った解析手法で150~200種類の菌まで解析可能です。
  • 実際にご利用頂いた分のみの請求の為、施設様での在庫負担のリスクがありません。
  • 少量の便を自宅で採取し、郵便ポストに投函するだけの簡単な検査。
  • 「リファレンスブック(腸内フローラ指導集)」や腸内フローラ改善のためのレシピ集など無償提供。
施術方法

case02ダイエット、アルコール、エキササイズ遺伝子検査

遺伝子タイプに合わせた最適なダイエットプランをご提案

このようなことでお悩みの方へ
施術方法

case03酸化ストレス検査

日々の呼吸や生活により、体内では活性酸素が発生しています。活性酸素は強い酸化力を持ち、体外からの細菌などから体を守ってくれる役割などがあります。しかし一方で、これが過剰に発生すると体内の細胞まで酸化させてしまいます。過剰にできた活性酸素によって、細胞内のDNAが酸化されダメージを受けた状態を“カラダのサビつき” と呼んでいます。

case04エクオール検査

大豆イソフラボンが腸内細菌のチカラでつくられるスーパーイソフラボン『エクオール』。
エクオールは、女性ホルモンと似た働きをする成分で、40代以降の女性の身体と心の健康の鍵を握るとして、更年期症状を和らげる効果が期待されています。
しかしながら、つくれる人は日本人の約半分。
エクオールが作れるかどうか、医療機関として検査を実施しております。
エクオール検査は、大豆イソフラボンの効果を充分に得られるかどうか、尿から簡単に調べられます。

ソイチェックの結果に基づいたその後の診療が可能となります。
ご自身の体質を知り、更年期対策や健康づくりに活かしましょう。
施術方法

case05金属アレルギー検査

金属は体に悪くて、ミネラルは良いの?

ミネラルというと、健康によいというイメージがありますが、昔懐かしい元素周期表の中から水素、炭素、窒素、酸素の4つを除いたものがすべてミネラルです。
ミネラルは、その性質や密度により、それぞれ非金属、軽金属、重金属のいずれかに分類されています。この中には日本人に不足気味と言われているマグネシウムや亜鉛なども含まれていますし、健康問題がよく知られている水銀やヒ素、鉛も含まれています。一方、銅や鉄が体にとって必要なことは誰もが知っています。従って、必ずしも、金属=体に悪い、ミネラル=体に良い、ではないのです。
また、体に必要なミネラルであっても、適切な量を摂取することが重要であり、不足しても摂り過ぎても体の状態に影響を及ぼします。

施術方法

case06遅延型アレルギー(食物過敏)検査

遅延型アレルギー(食物過敏)とは

即時型アレルギーが原因食物を摂取後すぐに反応するのに対し、遅延型アレルギーは原因食物を摂取してから反応するまでに時間がかかるため原因に気づきにくいアレルギーです。このため、遅延型、遅発型、食物過敏などと呼ばれています。
免疫に関する研究は100年以上前から行われていますが、未だ解明されていないことが多くあります。厚生労働省のホームページには、IgE抗体によるアレルギー反応の他にも非IgEアレルギー反応が存在しそのメカニズムは未解明と示されており、IgG抗体によるアレルギーはこちらに分類されると考えられます。IgG抗体を調べる遅延型アレルギー検査は日本では10年前から弊社がご提供を開始しており、全国の医療機関でご利用いただいてきました。これまでにたくさんの症例が報告されています。
即時型アレルギー反応
  • IgE抗体が皮膚・腸粘膜・気管支粘膜・鼻粘膜・結膜などにいるマスト細胞に結合した状態で抗原と出会うことにより、マスト細胞から化学伝達物質(ヒスタミン、ロイコトリエン、等)が放出され、アレルギー反応が引き起こされる。
  • 食物アレルギーの多くはこのタイプであり、ほとんどの例で、該当する食物を摂取してから 2時間以内にアレルギー反応を認める。

非即時型アレルギー反応
  • IgE抗体に依存しない非即時型(遅発型、遅延型)と呼ばれる反応で、メカニズムは未解明だが、T細胞の関与(Th1/Th2のバランス偏奇説、等)の可能性がある。
  • 抗原摂取後、アレルギー反応出現まで数時間を要する。

出典:厚生労働省健康局がん・疾病対策課 平成23年「アレルギー疾患の現状等」
施術方法

case07環境汚染物質検査

環境汚染物質が関連する様々な健康状態

・体重増加
・消化不良
・腸管壁浸漏
・腹部膨満
・食物アレルギー
・自閉症
・ADHD(多動性障害)
・ストレス
・精神疾患
・環境毒素への曝露
・慢性疲労
・低血糖症
・衰弱
・甲状腺機能低下症
・手足の冷え
・エネルギー不足
検査結果
  • 患者様が分かりやすいように、検査結果レポートでは異常値にマーキングが施されています。また、予想される暴露源の簡単な参考ガイドも一緒にお届けしています。 レポートには、キシレン、トルエン、ベンゼン、トリメチルベンゼン、スチレン、パラベン、フタル酸塩の代謝物等の化合物が含まれます。
  • この検査は、起床直後に採取した尿(あるいはなるべく長く続けて眠った直後に採取した尿)によって測定します。 尿の採取には、検体の安定性と回収の簡便性に優れた専用の「Dip’N Dry」ストリップを用いて行います。
施術方法

case08ガン一般遺伝子検査

このようなことでお悩みの方へ
施術方法
  • ガン一般遺伝子検査

case09動脈硬化検査

このようなことでお悩みの方へ
施術方法
  • 動脈硬化検査

case10MCI検査(軽度認知症検査)

このようなことでお悩みの方へ
施術方法
  • MCI検査(軽度認知症検査)

料金表price

自費検査

(税込)
腸内フローラ検査(マイキンソープロ ) 38,500円
MSS解析検査 33,000円
IgG食物アレルギー検査セミ 46,200円
IgG食物アレルギー検査フル 63,800円
有害金属&ミネラルパネル 38,500円
代謝・環境汚染物質プロファイル 62,000円
酸化ストレステスト 14,300円
エクオール検査 18,700円
肌遺伝子検査 16,500円
ダイエット遺伝子検査 16,500円
エクササイズ遺伝子検査 16,500円
アルコール代謝検査 16,500円