美容外科・美容皮膚科・医療脱毛・医療ダイエット 麹町皮ふ科・形成外科クリニック

乳輪のお悩み

乳輪のお悩み

乳輪が大きかったり、授乳後に乳輪が広がって大きくなるなど乳輪の大きさに悩む女性は少なくありません。また、バストの大きな方は成長過程に乳輪も大きく広がってしまうこともあります。

乳房や乳首の状態、乳輪の大きさなどによって、乳輪を小さくする手術方法は様々です。基本的には、乳輪外側部分の周囲を丸く切除し、皮膚を縫い縮めます。もちろん局部麻酔を行うため、術中の痛みは感じません。また乳腺を傷つけることもなく、授乳時への影響もありません。

「生まれつき乳輪が大きい」「授乳によって大きくなってしまった」「色が濃くて人目が気になる」といったお悩みに対して、大きすぎる乳輪を小さく整え、美しい形に仕上げます。
また乳輪の余分なたるみを取り除くことで、気になるシワもきれいになります。 乳輪縮小には2つの施術方法があり、事前のカウンセリングでご希望の形・サイズをお伺いした上で、お一人お一人にぴったりの施術法をご提案し、乳輪を小さくバランス良くデザインします。


内側切除法

乳頭と乳輪の境目を切除し、縫い合わせることで乳輪のしわも取り除くことができます。
乳輪周りのグラデーションが自然なまま残る、傷口が目立たないといったメリットがありますが、縮小できるサイズに限度があります。縫い目は専門医の技術を用いて1、2mmの細かいジグザグ状に縫い上げるため、ほとんど傷跡がわかりません。

外側切除法

乳輪の外側を切除し、縫い合わせることで軽度の乳房下垂も改善でき、バストアップ効果があります。縫い目は専門医の技術を用いて1、2mmの細かいジグザグ状に縫い上げるため、ほとんど傷跡がわかりません。
乳輪の色がはっきりし、乳輪周りのグラデーションは少なくなります。

モンゴメリー腺除去

乳輪にあるぶつぶつは、モントゴメリー腺といって誰にでもあるものです。人によって数も大きさもそれぞれですが、大きなものがたくさんあると、バストの美しさを損なってしまいます。除去方法は、ほくろやイボを取るのと同じ。メスで切除して縫い縮めることで、きれいに取り除くことができます。手術時間は、10分程と短時間で終了。極細の糸を使って丁寧に縫合するので、傷跡はほとんど目立たなくなります
  • 乳輪のぶつぶつが人より多いと感じる
  • つるんとしたきれいな乳輪になりたい

手術跡を感じさせない美しい仕上がり

ぶつぶつがなくなっても、手術跡が目立っては美しい乳輪にはなりません。最小限の切開と、極細の糸と針による丁寧な縫合。また、ダブルの麻酔によって痛みを極力軽減する。当院では、徹底的に美しい仕上がりにこだわっています。

概要やリスク

麻酔 局所麻酔
所要時間 約1時間
洗顔・入浴・メイク シャワーは3日後から可能
入浴は1週間後から可能
スポーツは3週間後から可能
通院回数 入院の有無: なし
手術前 1回(0回)
手術後 2〜3回
副作用・ダウンタイム 腫れや内出血は2週間程度で治まる

痛みは1〜3日程度で治まる
(痛み止めを処方するので、ご安心ください)

傷跡: 乳輪と乳頭周りに少し残る
*乳輪、乳頭と同化して目立たない
*時間の経過とともにほとんどわからなくなる

料金表price

乳輪縮小 片側 297,000円
乳輪縮小 両側 393,800円