麹町皮ふ科・形成外科クリニック

hymen
処女膜再生術

処女膜再生術とは

処女膜とは膣の入り口にある薄いピンク色の粘膜です。
処女膜再生手術では、この破けた膜を縫い合わせることで処女膜を再生します。
また処女膜が残っていない場合は、膣粘膜を剥離した後、処女膜を形成します。

治療の流れ

治療前

手術台に両脚を乗せて開き、仰向けになります。
通常はIラインのみ剃毛します。

手術

断片化した処女膜を元の状態に正確に復元します。また処女膜が残っていない場合には、膣口周囲の粘膜を剥離して処女膜を新たに形成します。

概要やリスク

麻酔

処女膜・膣の入口に部分的な麻酔(局所麻酔)を行います。当院は痛みを最小限にするために極細のナノニードルを使用しています。ご希望により、マスク麻酔や静脈麻酔の併用により、寝ている間に治療を行うことも可能です。

所要時間

約30分

シャワー・入浴

シャワーは手術翌日より可能です。入浴は2週間後から可能です。

治療後の腫れ

個人差がありますが、通常はほとんど腫れることはありません。

通院・抜糸

溶ける糸で縫合するため抜糸の必要がなく通院も不要です。

運動や飲酒

治療1週間後より可能です。

性行為

治療1ヶ月後より可能です。

ダウンタイム

手術終了後は患部を冷却し約30分間ベッドで安静にして頂きます。出血などの問題がないのを確認してから帰宅します。
小陰唇は血流が豊富な部分ですので多少血がにじむことがありますが1~2日間で落ち着きます。治療当日はできるだけ安静に過ごしてください。

よくある質問

処女膜再生手術の傷跡は残りますか?

処女膜再生手術の治療後、性行為を行ったら出血がありますか?

治療後の最初の性行為では出血や痛みを伴い、「初体験」と同じ感覚を得ることができます。
ただ出産経験などにおいて、膣口が非常に広くなっているあるいは広がりやすくなっている場合には、出血がないこともあります。

処女膜は完全に元に戻せますか?

処女膜再生治療においては、性行為の際にあくまで出血だけさせたい方や完全に元に戻して欲しい方がいらっしゃいます。
出血だけさせたい場合には、膣口の表面的な縫合で性行為の際にほとんど痛み無く、出血しやすくしておくことができます。
完全に処女膜を再生したいのであれば、表面だけでなく膣口内部の再生もしっかり行います。
この場合は処女膜が丈夫になりすぎてしまい、性行為の際に痛みを伴うことがあるかもしれません。

料金表

女性器

処女膜再生術
220,000円

PAGETOP

03-6261-4320
受付時間10:00~19:00 / 休診日:不定休

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階
麹町、市ヶ谷、半蔵門、永田町からもアクセス良好

診療時間 / 休診日:不定休

日・祝
10:00

13:00

診療時間を
ご覧ください
14:00

19:00

14:00

17:00
(最終受付16:30)

診療時間を
ご覧ください

※診察受付開始は初診・再診とも診療時間10分前です。

■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)
■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)
■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、
ホームページに記載されている診療時間をご覧ください。