医療法人社団FAM
logo
麹町皮ふ科・
形成外科クリニック
logo
BIOTOPE CLINIC

裏ハムラ法|目の下のクマ取りは麹町皮ふ科・形成外科

眼窩脂肪を切り離さずに血管がついた状態の脂肪弁として下方に移動することにより目の下のたるみやふくらみを改善させ、目周りの印象を若返らせる施術です。
目の下の脂肪は5個のパーツに分かれており、当院では全てを確認しながら一つ一つ確実に脂肪を移動させます。結膜側を切開するため、皮膚表面に傷跡が残らず、縫合も抜糸も不要ですので切らないクマ治療と言われています。

当院の医師は、裏ハムラ法の第一人者に指導を受け、施術を行っております。長期的な効果が得られる方法を、お客様の希望に沿ってご提案させていただきます。

目の下のクマやたるみは、眼球を支えている靱帯が緩むことで眼球の周りの眼窩脂肪が前に押し出されてしまう事で目の下のふくらみやたるみ、クマとなって現れます。
お顔の骨格や加齢によって、症状が出現します。
一度できてしまったクマは美容液やマッサージでは改善が難しい場合があります。クマにお悩みの方は、当院へご相談ください。

このような方におすすめ

  • 目の下のくまが気になる方
  • 皮膚を切開しないで傷跡を残さず目の下のクマを改善したい
  • 他院で結膜脱脂法やクマ治療を行ったが満足いっていない、失敗かもしれない方
  • 年齢が30代~60代の方

当院のクマ取り治療の特徴

1. 年齢や骨格にあわせて【裏ハムラ法】を選択します。

奥目の方や頬骨が出ていても裏はむらであればどんなクマでも治療可能です。
ヒアルロン酸や成長因子などでは根本的な解決はできません。
青クマ、茶クマ、黒クマ、赤クマなどのクマが複合しているケースも、その人にあった治療方法を選択して最適な治療をご提案いたします。

2. 男女ともに症例数が多く、ご満足いただいております。

幅広い年齢層にもそれぞれに適応の手術を行っています。

3 . 一時的なヒアルロン酸注入や脱脂術とは異なり、裏ハムラ法は、半永久的に持続します。

費用対効果としても最大で、リスクも非常に少ない最も優れた手術です。

当院がクマ取り治療に裏ハムラをおすすめする理由

目の下のふくらみ、たるみ、クマ治療には、裏ハムラ法以外にヒアルロン酸注入、結膜脱脂法(リンク)や脱脂法と脂肪注入を組み合わせる治療があります。
しかし、裏ハムラ法以外の方法は、“一時的にごまかしている”に過ぎません。ヒアルロン酸は1年~2年しか持続せず、合併症にしこりやでこぼこしてしまい、青グマが悪化して余計目立つ場合があります。脱脂についても、医師の手技によっては脂肪を取り過ぎてしまい、目の下のくぼみやへこみがが出現する場合があります。ヒアルロン酸や脂肪注入も一時的にはクマはなくなりますが、むくみがひどくなったり、涙袋が薄くなったりします。
表ハムラ法はご年配の目の下の皮膚が弛んできた方にはお勧めですが、若い方では傷が表につくため目立ってしまったり、涙袋が無くなったりする可能性があります。
裏ハムラ法はこれらのデメリットを全て補う画期的な方法で、若々しい目元が半永久的に手に入ります。

目の下のクマ治療の比較

治療名 裏ハムラ法 ハムラ法 結膜脱脂+脂肪注入 ヒアルロン酸注入
適応年齢 20代後半〜 30代後半〜 20代後半〜 10代〜
手術時間 2時間 2時間 1時間 10分
ダウンタイム 2週間 2週間 1週間 1週間
メリット 涙袋
外反のリスクが低い
たるんだ皮膚を切除できる クマはなくなる くぼみをごまかす
デメリット たるんだ皮膚は
取り除けない
外反のリスクがある 注入した脂肪が減ってしまい
目の下が窪んでしまったり
へこみが生じ後悔する可能性がある
効果が短い

当院の症例

症例写真「目のクマ除去」「裏ハムラ法」(30代女性)[術前/術後3ヶ月] CASE 09

症例写真「目のクマ除去」「裏ハムラ法」(30代女性)[術前/術後3ヶ月] CASE 09

30代
女性

施術内容 横顔はクマがより目立ち年齢がバレてしまうのです。 クマを取ることで若々しく、精神的にも身体・・・

施術の詳細を見る


手術の流れ

  • Step.1

    施術前にデザインを行います。目の下のクマ部分、脂肪の部位をマーキングし、局所麻酔をかけます。痛みがなくなった事を確認して手術開始となります。局所麻酔のため、お話しをすることが可能です。痛みや恐怖心がある場合は、遠慮なくお声がけください。

  • Step.2

    結膜側(あっかんべーした部分)を電気メスやレーザーを用いて数センチ切開します。

  • Step.3

    膨らんでいる部分の脂肪を窪んだ部分に移動させます。

  • Step.4

    電気メスを用いて、止血しながら脂肪を切除するので、縫合も抜糸も不要です。

  • Step.5

    内出血、腫れを最小限にするため、目の下に茶色のテープを張ります。
    帽子やサングラス、眼鏡を持参していただく事をおすすめしています。

概要やリスク

麻酔

局所麻酔

所要時間

2時間~3時間

洗顔・入浴・メイク

洗顔・シャワー:翌日から可能です。患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴:長時間の入浴は腫れを長引かせる場合がありますので控えてください。
メイク:翌日より目元以外のメイクは可能です。目元のメイクは腫れがひいた1週間後から可能になります。

通院回数

術後7日目に経過観察
※通院回数は、術後の経過などによって異なります。

副作用・ダウンタイム

痛み、腫れ、内出血、むくみ:7日~14日程度

その他

目元のかゆみ、流涙、眼球の乾燥、下眼瞼外反 目がゴロゴロする、不快感
目の下の皮膚のたるみ 麻酔によるアレルギー、アナフィラキシーショック 頭痛 熱っぽい、熱感、外反

注意事項

長時間の入浴は腫れを長引かせる場合がありますので控えてください。しばらくの間は温泉やサウナは控えてください。
術後はコンタクトを使用できない期間があります。コンタクトで視力矯正中の方はメガネをご準備ください。
※個人差がございます、あくまで目安とお考えください

よくある質問

裏ハムラがなぜクマ取り治療に良いのですか

どのような方が適応ですか

A.30代後半からご年配の方まで幅広い年齢のかたに適応です。なにより傷が残らないため、整形したことをバレたくない、傷が残るのが心配な方におすすめです。
黒クマや茶クマなどクマが複合している場合は、どのような治療を行いますか
黒クマは俗に言う影クマなので、裏ハムラを行えば根治します。
茶クマなどのシミや色素沈着による色味も裏ハムラを行うことで、皮膚の伸展が改善することにより薄くなることがあります。
その他のシミについてはレーザーなどを併用することもあります


苅部 淳Karibe Jun理事長

苅部 淳 日本形成外科学会形成外科専門医
略 歴
順天堂大学医学部卒業
東京大学附属病院形成外科 入局
埼玉医大総合医療センター 形成外科・美容外科 助教
福島県立医大付属病院 形成外科
寿泉堂総合病院 形成外科
山梨大学附属病院形成外科 助教・医局長
東京大学附属病院 精神科
専 門
日本形成外科学会形成外科専門医
日本抗加齢学会専門医
日本医師会認定産業医
専門分野
形成外科一般、マイクロサージャリー、リンパ管吻合術、乳房再建術、性適合手術、美容外科手術、静脈瘤、レーザー治療など。
美容外科手術、レーザー、ボトックス、ヒアルロン酸等
大手美容外科クリニックで長年にわたり研鑽を積み、形成外科専門医として医師の診療、指導にあたっている。


料金表

裏ハムラ法|目の下のクマ取り
528,000円

麹町皮ふ科・形成外科クリニック

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階

TEL03-6261-4320

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分

BIOTOPE CLINIC

東京都港区白金台4丁目9-10
グリーンリーブス 2F

TEL03-5422-9901

白金台駅 出口1から徒歩1分