医療法人社団FAM
logo
麹町皮ふ科・
形成外科クリニック
logo
BIOTOPE CLINIC

Column美容コラム

  • 美容皮膚

しみ、そばかすに効果的【ユベラ錠】について

2022.06.21

鏡を見る女性

しみには老人性色素斑、そばかす、肝斑といった種類があります。見た目や発症理由には違いがありますが、いずれもメラニン色素の蓄積がしみとなって現れたものです。こうしたしみの改善に使われているのが「ユベラ錠」です。この記事では、ユベラ錠の概要としみ改善に有効な理由、ユベラ錠と一緒に使うと効果が期待できる薬などについて説明していきます。

 

ダーマペン治療とは

ユベラ錠はビタミンE剤です。効果は、ビタミンE欠乏症の予防及び治療、抹消循環障害、過酸化脂質の増加防止。ビタミンEによる抹消血行の促進や抗酸化作用が薬効薬理として認められています。血流を良くすることで皮膚のターンオーバーを促したり、抗酸化作用によって紫外線ダメージから皮膚を守ったりすることが期待できるため、肌トラブルや、しみ、そばかす、肝斑の改善の治療薬としても処方されます。

 

 
代表的なしみの種類は、老人性色素斑(一般的なしみ)、そばかす、肝斑です。それぞれの特徴からユベラ錠が症状の改善に期待できるポイントを解説していきます。

老人性色素斑(一般的なしみ)

一般的に「しみ」と呼ばれる老人性色素斑は、紫外線が当たることでできやすくなります。40代以降からできやすくなり、加齢とともに増えたり色が濃くなったりする傾向がありますが、若い人には無縁だというわけではなく、紫外線に当たる機会が多い場合は20代からできることも珍しくありません。老人性色素斑は、紫外線が肌に当たることによってメラニン色素が生成され、ターンオーバーによって排出しきれずに、蓄積されてしまうことでできます。初めは薄い茶色ですが、加齢でターンオーバーのスピードが低下していくと、蓄積されて徐々に濃くなっていくのが特徴です。老人性色素斑を予防し、悪化させないためには、紫外線対策と共にターンオーバーが乱さないための対策が大切です。

肝斑は30~40代の女性に多く見られ、頬骨の高い位置や目じりの下に左右対称に現れます。ホルモンバランスの崩れが主な原因ですが、紫外線や皮膚の摩擦なども発症誘因となります。代表的な治療法はトランサミン(トラネキサム酸)の内服です。レーザー治療によって悪化するケースもあるので、他のしみとの見極めをしっかり行ってから治療を進めなければなりません。

いずれのしみも、メラニンの蓄積によって現れるため、紫外線対策やターンオーバーの促進、メラニン色素の抑制が予防や改善に有効です。ユベラ錠は血行促進効果や抗酸化作用が期待できるため、しみ治療に適した治療薬だといえるでしょう。

シナール

シナールはシオノギファーマが販売するビタミンC(アスコルビン酸)とパントテン酸カルシウムの配合薬です。薬効薬理としてメラニン色素の形成の抑制、既成メラニン色素の還元促進が認められています。具体的には、メラニン色素産生の初期に働くチロシナーゼの活性を阻害、メラニン色素の原料となるドーパの還元、蓄積されたメラニン色素への作用と還元を行い、メラニン色素が生成されるさまざまな段階に働きかけてくれます。ビタミンCとビタミンEは同時に摂取することで相乗効果があるため、ビタミンE剤であるユベラ錠と一緒にとることで効果を高めることができます。

 

トランサミン

トランサミンはトラネキサム酸とも呼ばれ、メラニン色素を形成するメラノサイト活性化の要因となるプラスミンの働きを抑制します。老人性色素斑やそばかすの治療には即効性のあるレーザー治療が選ばれることも多いですが、肝斑の治療ではトランサミンの服用が第一の選択肢になることが一般的です。即効性はありませんが、数カ月続けることで効果を実感することができるほか、美白効果も期待できます。メラニン色素ができる前の段階に作用するため、しみの予防にも適しています。

 
気になる方は、当院へご相談ください。

 

 

監修医師

坂本 淳Sakamoto Atsushi

坂本 淳 日本皮膚科学会皮膚科専門医
略 歴
2009年3月 順天堂大学医学部 卒業
2009年4月 順天堂大学病院 初期研修
2011年3月 同病院 研修終了
2011年4月 同病院皮膚科入局、同病院大学院入学
2015年3月 同病院大学院修了
2015年4月 順天堂静岡病院 助教
2017年5月 東京臨海病院 医局派遣
2020年1月 順天堂練馬病院 准教授
専 門
日本皮膚科学会皮膚科専門医
専門分野
尋常性ざ瘡・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・花粉症・乾癬・湿疹/皮膚炎・円形脱毛症・尋常性白斑・白癬・イボなど一般的な皮膚科疾患の治療、しみの治療、男性型脱毛症(AGA)の治療など。


麹町皮ふ科・形成外科クリニック

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階

TEL03-6261-4320

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分

BIOTOPE CLINIC

東京都港区白金台4丁目9-10
グリーンリーブス 2F

TEL03-5422-9901

白金台駅 出口1から徒歩1分