麹町皮ふ科・形成外科クリニック

lip-reduction
口唇縮小術

口唇縮小術とは

唇の内側を一部切開し縫い合わせ、形を整える施術です。口そのものが小さくなるわけではありませんが、バランスを崩すことはありません。横を向いたときに、鼻・口元・顎先が一直線につながることが「美顔」の基準ですので、その方に合った位置を充分に判断し施術を行います。傷跡は口の内側に隠れますので安心です。

このような方におすすめ

  • 厚い唇にコンプレックスを持っている
  • スッキリとした薄い唇に憧れている
  • タラコ唇が嫌で、唇を噛んで隠してしまう

施術について

口そのものが小さくなるわけではありませんが、バランスを崩すことなく美しく整った唇を形成することができます。
粘膜部分は普通の皮膚よりも修復力が高く、傷口の治りが早いので、スッキリ整った美しい唇が簡単に手に入ります。口唇の裏側の見えない部位で粘膜を切除し縫合するので、傷跡が見えることはありません。

概要やリスク

所要時間

約60分

洗顔・入浴・メイク

抜糸が終わるまでは唇のメイクはお控えください。それ以外の部分は当日より可能です。
シャワー・洗顔は翌日より可能ですが、触る・濡らすなど施術部位への刺激はお控えください。 入浴・サウナ・飲酒・激しい運動はお控えください。
歯磨きは抜糸後に可能となります。それまでは消毒用のうがい薬を使用してください。

通院回数

1週間後に抜糸を行います。

副作用・ダウンタイム

術後は麻酔の影響などでにぶい感じや熱感がありますが、時間の経過と共になくなります。 術後は施術部位に腫れが生じますが、3週間ほどで徐々に落ち着いてきます。
内出血が出る場合がありますが、1~2週間程度で消失します。
一週間ほどじんじんとした痛みがありますが、徐々に落ち着いてきます。
腫れの強い間は、マスクの着用をおすすめいたします。 お顔のマッサージ、歯の治療は2週間は避けてください。
術後の経過に伴い、稀に合併症が生じる可能性があります。合併症としては、炎症・感染などがありますが、いずれも早期治療にて改善が可能です。赤みや痛みを感じたら、早めに当院の医師の診察をお受けください。

注意事項

妊娠の可能性がある場合は、治療の内容によってはお受け出来ない場合もありますので、必ず医師にご相談ください。

よくある質問

腫れや傷跡は目立ちますか?

術後の腫れはどの程度ですか?

手術直後が腫れのピークになり、数日間は現在の唇の厚みの1~2割増ぐらいになるイメージです。

施術中の痛みはありますか?

最初に麻酔注射する際にチクっとした痛みがございますが、麻酔が効いている術中は全く痛みは感じないのでご安心ください。

料金表

口唇縮小術 上下
385,000円
口唇縮小術 上
198,000円
口唇縮小術 下
220,000円

PAGETOP

03-6261-4320
受付時間10:00~19:00 / 休診日:不定休

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階
麹町、市ヶ谷、半蔵門、永田町からもアクセス良好

診療時間 / 休診日:不定休

日・祝
10:00

13:00

診療時間を
ご覧ください
14:00

19:00

14:00

17:00
(最終受付16:30)

診療時間を
ご覧ください

※診察受付開始は初診・再診とも診療時間10分前です。

■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)
■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)
■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、
ホームページに記載されている診療時間をご覧ください。