医療法人社団FAM
logo
麹町皮ふ科・
形成外科クリニック
logo
BIOTOPE CLINIC

thread-remove
埋没糸抜去術

埋没糸抜去術とは、以前受けた二重まぶた埋没法の手術の糸を取る施術です。
埋没法による二重のラインが気に入らない方や、結び目が目立って気になる方、目に違和感や異物感があり気になる場合などに埋め込んだ糸(埋没糸)を取り除く手術です。
2mm程度の微小な切開穴より抜糸し、切開穴は縫合しないので抜糸の必要はなく数日程度で腫れは軽減していきます。
埋没糸抜去術

他院の修正・埋没糸抜糸

他院でお受けになられた埋没糸の抜去や二重修正の施術をご希望される方が多く、施術も多数行っています。
二重のラインが理想と違う、二重の幅を変えたいという方は早めの抜糸をおすすめします。

埋没糸抜去術は、このような方におすすめ

  • 埋没法による二重のラインが気に入らない方
  • 埋没糸による目の違和感、目のゴロゴロ感がある方
  • 埋没法を何度も行っていて、糸が入ったままで気になる方

埋没糸抜去術のポイント

麻酔方法:点眼や注射による局所麻酔を使用し手術を行います。

まぶたに埋まった埋没糸
(1)まぶたの裏に糸が埋まっている状態。

皮膚を切開します
(2)埋没糸の確認をし、結び目の直上の皮膚に2mm程度の針孔をあけます。

埋没糸の摘出
(3)顕微鏡を用いてまぶたに埋め込んだ埋没糸を摘出します。

傷穴は縫合なし
(4)通常、縫合の必要はありません。
埋没糸が容易に見つからない場合は、大きく切開し縫合する必要があります。

埋没法を行なってから長期間経過しているほど皮膚の組織同士の癒着が起き、見つけにくい場合があります。
また、糸がまぶたの奥深くに埋没された場合などは切開部が大きくなります。

  • 医療用光学顕微鏡を使用した埋没糸抜糸

    顕微鏡下に抜糸を行うことで、極小の切開穴から、極力傷跡を残さず、痛みも腫れも最小限におさえることができます。また、中には透明の糸が使用されていたり、糸の色が抜けて透明になっていたり、糸の位置がわかりにくく顕微鏡を使用しないと抜糸が難しいケースもあります。

  • 医療用光学顕微鏡を使用した埋没糸抜糸

よくある質問

埋没法の糸は何色ですか?

他院で受けた埋没法の抜糸は可能ですか?

はい、可能です。 他院でお受けになられた埋没糸の抜去や二重まぶた修正の施術をご希望される方が多く、施術も多数行っています。

抜糸後にすぐ埋没法の施術は可能ですか?

抜糸に使用する麻酔は非常に少なく腫れもほとんど生じることはありませんので、同時に埋没法を行うことも可能です。

埋没法を行った後に化膿してしまいました。抜糸しないとだめですか?

一度感染を起こしてしまうと症状が繰り返す傾向があるため、抜糸することをおすすめします。

埋没法の糸が外れてしまいました。糸はどうなりますか?

そのまま皮膚内に残りますが、医療用の糸なので健康への影響はありません。
埋没法の再施術をする場合は、二度目までなら抜糸をせずに行うことができます。しかし、埋没法を三度以上繰り返すケースでは抜糸をおすすめします。

埋没糸抜去術の概要やリスク

所要時間

30分~1時間

麻酔

局所麻酔

通院回数

術後7日目に経過観察
抜糸がある場合は術後7日目に抜糸
※通院回数は、術後の経過などによって異なります。

副作用・ダウンタイム

ダウンタイムや術後経過には個人差があります。

腫れ

約7日~14日程度、上まぶたにむくみを感じたり目やにが増えたりします。
腫れやむくみにより左右差が生じる場合もありますが、内出血や感染症になった場合、腫れが長引くことがあります。

内出血

注射針が当たるか、手術操作によって細かい血管が傷つくと皮膚の下で出血し、内出血が起こる場合があります。
その場合は上まぶたから目の周りが紫色になりますが、約7日~14日前後で消失します。
また、白目に内出血が出現する場合もありますが、こちらも約7日~14日前後で消失します。

抜糸

通常の施術で抜糸の必要はありませんが、埋没糸が容易に見つからない場合は、大きく切開し縫合する必要があります。
その場合は手術後術後7日目に経過観察し抜糸を行います。

異物感

まばたきをする度にゴロゴロしたり異物感を感じる方もいらっしゃいますが、通常は2~3日で落ち着きます。
違和感や異物感がある場合はコンタクトレンズなどは中止してください。

痛み

手術後の痛みには個人差はありますが、3日~1週間程度感じる方もいます。

シャワー

洗髪やシャワーは翌日から可能です。患部はお湯で流す程度にしてください。

入浴

長時間の入浴は腫れを長引かせる場合がありますので控えてください。

メイク

1週間後から可能です

注意事項

長時間の入浴は腫れを長引かせる場合がありますので控えてください。しばらくの間は温泉やサウナは控えてください。
※個人差がございます、あくまで目安とお考えください

料金表

埋没糸抜去

1点
21,000円

埋没糸抜去術の術後に起こりうるトラブル

1.抜糸をしても埋没法の手術前の状態に戻らない

埋没法のメリットとして、メスを使わないので元に戻したり、やりなおし調整することができます。
(二重の幅が理想と違い「もっと幅を広くしたい」「末広型の控え目な感じにしたい」等)
埋没糸を除去すると、通常は元のまぶたに戻ります。しかし、埋没法の施術から長期間経過している場合や皮膚の癒着が起きて二重ラインがクセがついている場合は、元のまぶたに戻したいと思っても元に戻すのが難しいことがあります。

手術前の元のまぶたには戻らなくても、理想の二重ラインへの修正や他院で難しいと断られてしまったケースも積極的にお受けしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

2.埋没糸が取り切れない

埋没法の施術から2~3年経過すると糸の色が抜けおちて透明になって発見が困難になります。
また、まぶたの奥深くに埋め込まれた糸も発見が難しいです。糸が発見できずに抜去できない場合もあることをご了承ください。
とれない埋没糸は奥深くに入っていますのでポコッとしたりすることもありません。可能なだけ摘出しゴロゴロ感や違和感をなくしたり二重幅を変更する目的を達成させ、深追いをしない方が腫れや内出血を防げる場合もあります。

どうしても埋没糸の抜去をご希望される場合は、切開部を大きくし抜去します。
その場合は、切開後に縫合する必要があります。また、傷跡に沿って二重のラインが残りやすくなりますことをご了承ください。

3.埋没糸抜去術の傷跡が気になる

通常、顕微鏡を用い数ミリ程度の切開で開ける穴なので時間経過と共に傷跡は目立たなくなりますが、体質などにより色素沈着を起こす場合があります。

術後すぐに濃いめのアイメイクなどをすると傷口から色素が入り込む恐れがありますので、当クリニックでは1週間後からのメイクを推奨しております。
また、色素沈着により傷跡が目立つ場合は、外用薬での治療をおすすめします。

4.傷が開く

大きく切開し縫合をした場合、術後に糸が外れて傷が開いてしまうことがあります。

傷が開いてしまった場合は、再縫合いたします。

5.血が溜まる

術後に傷の中で出血しますと、創部に血が溜まってまぶたが腫れ上がります。

血が溜まった場合は、感染やしこり形成の原因となるため、出来るだけ早く処置する必要があります。治療箇所を切開し、溜まった血液を排出します。

6.傷口の感染、化膿

腫れ、痛み、赤み、熱っぽい感じの症状が長く続く場合は感染が疑われます。

感染が起きた場合は、抗生剤(抗生物質)を投与します。膿が溜まっている場合は、必要に応じ膿を出す処置を行います。

7.白目や角膜の損傷

極めて稀ながら可能性は否定できません。
手術中に、手術器具が当たる、あるいは糸や睫毛の先端が当たって眼球の表面に傷がつくことがございます。

白目や角膜の損傷が生じた例が報告されています。状態に応じた処置や対応を行います。

8.眼球のやけど

極めて稀ながら可能性は否定できません。
手術中に止血のための電気メスやバイポーラによって発生した熱で、眼球の表面に火傷を作る可能性があります。

眼球に火傷が生じた例が報告されています。状態に応じた処置や対応を行います。

麹町皮ふ科・形成外科クリニック

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階

TEL03-6261-4320

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分

Biotope Clinic

東京都港区白金台4丁目9-10
グリーンリーブス 2F

TEL03-5422-9901

白金台駅:徒歩1分