医療法人社団FAM
logo
麹町皮ふ科・
形成外科クリニック
logo
BIOTOPE CLINIC

ルミガンの効果的な使用方法とは?口コミや正しい使用方法を詳しく解説

「ルミガンってどういう薬なの?」
「点眼液って記載があるけど、使用方法は?」
このような疑問を持つ方も多いでしょう。
ルミガンはまつ毛育毛に効果のある塗布薬です。

この記事ではルミガンとは何か、効果的な使い方から口コミまで、深く掘り下げてご紹介します。

まつ毛に関するお悩みを持つ方はもちろん、ルミガンが少し気になっている方や現在使用中の方も、ぜひご覧ください。

ルミガンとは、まつ毛を「伸ばす・太くする・増やす」効果のある塗布薬です。
販売和式名を「ルミガン点眼液0.03%」といいます。
元々は緑内障治療のための点眼薬として開発されたルミガンですが、まつ毛を「伸ばす・太くする・増やす」副作用が注目されるようになり、上まつ毛に塗ることでまつ毛育毛剤として利用されるようになりました。

ルミガンの効果

ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、毛包を刺激することにより毛周期における成長期を延ばすことができる点が特徴です。
これによりまつ毛の成長が促進されます。
毛周期は「成長前期」→「成長後期」→「退行期」→「休止期」の4段階のサイクルで成り立っています。
この流れが、だいたい30日から100日単位で行われているのです。

このような方におすすめ

  • まつ毛が短い/少ない方
  • 睫毛貧毛症と診断された方
  • つけまつ毛、マツエクで肌荒れが起こる方
  • まつ毛を長くしたい方
  • まつ毛を増やしたい方

上記の通り、ルミガンは自まつげが短かったり、少なかったり、自分のまつげにコンプレックスがある方や、つけまつげやマツエクを使用すると肌荒れを起こす方などにおすすめです。

ルミガンの使用を控えたほうがいい方

まつ毛を伸ばし、太く濃くする効果の期待できるルミガンですが、以下に該当する方は使用を控えましょう。

  • ルミガンの有効成分「ビマトプロスト」に対し、過敏症の既往歴がある方
  • 虹彩炎やぶどう膵炎のある方
  • 無水晶体眼または眼内レンズ挿入眼の方
  • 以前に薬でアレルギー症状を起こしたことがある方
  • 角膜に異常がある方
  • 妊産婦、授乳婦の方、または疑いのある方

かかりつけの病院などがある方は、医師に相談して決めましょう。

ルミガンの一般的な使い方

  • Step.1

    コンタクトレンズ、メイクを取り除いてまぶたを清潔な状態にします。
    このとき、手も清潔にしておきましょう。

  • Step.2

    ハケにルミガンを1、2滴落とします。

  • Step.3

    ハケを使ってルミガンを、上まつ毛の根元に塗ります。
    下まつ毛や上まぶた、つけ根の皮膚などには塗らないでください。

  • Step.4

    生え際からはみ出した余分な液体を拭き取ります。
    ルミガンはもともと眼科用医薬品ですので、目の中に入っても問題はありません。

  • Step.5

    使ったハケを捨てます。
    左目と右目で、違う新しいハケを使ってください。(片目からもう片目への汚れや菌の感染を防ぐため)
    再びコンタクトレンズを付ける場合、ルミガン塗布後15分以上経ってからご利用ください。
    また万が一はみ出してまぶたに付いてしまったときに備えて、保護クリームなどを塗っておくのも良いでしょう。
    ハケのほかにも綿棒や、専用のアプリケーターが販売されています。

ルミガンの使用期限

ルミガンには製造から3年という使用期限が定められています。
1日1回、就寝前に左右1滴ずつの使用で、約2、3ヶ月は使用できるでしょう。
開封後は雑菌が繁殖しやすくなるため、使用期限に関わらず速やかに使用しましょう。

ルミガンの保存方法

ルミガンは乳幼児や小さなお子様の手の届かない場所で保管しましょう。
直射日光を避けた1〜30℃の室温が理想ですね。
また、薬が残ってしまっても保管せず、すぐに廃棄してください。

ルミガンの口コミ

実際にルミガンを使用している方の口コミを集めたので、ご紹介します。

  • 知人に勧められ使用を始めたが、本当に伸びてきてびっくり。
  • 2週間使用しましたが、確実に長くなってきています。
  • 高齢でまつ毛が薄くなり、眩しくて生活がしづらかったのでルミガンを使用した。まつ毛が濃くなり、眩しさも軽減できた。
  • マツエクより安いし、効果も実感できてコスパもよい。

などの実際に効果を実感した口コミが寄せられています。

概要やリスク

注意点

・毎日1回の頻度でご使用ください。1日に2度以上使用すると、充血や目のかゆみが出やすくなります。もしルミガンを塗り忘れてしまった場合も、次の日にいつもどおりの量を塗布してください。決して規定以上の量を使用しないでください。
・ルミガンの使用をやめると、約1ヶ月で元のまつげに戻ります。
・色素沈着の恐れがあるため、下まつ毛には極力塗らないでください。上まつ毛に塗り、まばたきをするだけで十分な効果が得られます。
・ルミガンが皮膚に付着した場合、早めに濡れたティッシュやタオルなどで拭き取ってください。

内容量

3.0mL(約1ヶ月分)

副作用

主な副作用として、目のかゆみや乾燥、充血、まぶたへの色素沈着、眼圧の低下などが起こることがあります。
また、まれに角膜障害を起こす場合があります。不安な副作用があれば、医師にご相談ください。

ルミガンの副作用における予防策や対処法

ルミガンの主な副作用として「色素沈着」が挙げられます。
せっかくきれいなまつ毛を手に入れても、目の周りが黒ずんでいたら嫌ですよね。
しかしこの色素沈着にかんしては、使用前に注意することで予防ができます。

1. 正しい使用方法を守る

ルミガンは1日1回片目に1回ずつの使用と決められています。
早く効果を実感したいからと1日に複数回塗布したり、薬液をつけ過ぎたりすると、副作用の起こる可能性も高くなります。
ルミガンは、正しい用法用量を守って使用しましょう。

2. ワセリンなどの保護クリームを塗る

美容院でカラーやパーマをかけてもらう際、薬液がつかないよう顔に保護クリームを塗ってもらった経験がある方もいると思います。
ルミガンも同様で、刺激の強い薬液を塗る前に目の周りにワセリンや油ものの保護クリームを塗ると、皮膚に薬液がつくのを防ぐことができます。
ルミガンを塗る際のちょっとした一手間が、色素沈着を防ぐ第一歩になります。

3. ルミガンの使用を一旦中止する

ルミガンの色素沈着の症状は一時的なものですが、どうしても黒ずみが気になる方や、黒ずみがひどくなってしまった場合は、ルミガンの使用を中止しましょう。
中止することで黒ずみはだんだん薄くなります。
色素沈着が落ち着いてから、ルミガンを再開しても問題はありません。

ルミガン販売価格の相場

以下はルミガン0.03%(3.0mL)の販売価格の相場です。

1本
3,870円
3本
6,960円
5本
9,670円

だいたい4,000円前後で購入できます。
ルミガンは1本大体3ヶ月ほど持つので、コストパフォーマンスが高いと言えます。

ルミガンのジェネリック医薬品

ルミガンにはジェネリック医薬品が存在します。
主成分、使用方法、注意点、効果などに大した違いはありませんが、価格が大きく変わってきます。
ルミガンの代表的なジェネリック医薬品「ケアプロスト」は、1本3,600円とルミガンよりもほんの少し安く購入できます。
安くてルミガンと同等の効果も実感できるのはお得ですよね。

「ルミガン」と「ケアプロスト」の違い

「ルミガン」と「ケアプロスト」に大きな違いはありません。
製造会社に違いがあるため製造工程に多少の違いはあるものの、まつ毛育毛効果に影響するほどの違いはありません。
どちらを選ぶかは好みの問題と言えるでしょう。
強いて言うなら、ブランド力ゆえの安心感がほしい方は「ルミガン」、値段の安さを優先する方は「ケアプロスト」がおすすめです。

ルミガンはどこで手に入るのか?

ルミガンは「処方せん薬」です。
処方せん薬は、医師の診断がないと手に入りません。
そのためルミガンは、ドラッグストアや大手通販サイトでも手に入れることはできません。
医薬品専門の通販サイトや、海外からの個人輸入も可能ですが、信頼性に欠けます。
きちんとした美容クリニックや皮膚科、眼科などで診断をしてもらった上で処方してもらう方法が一番でしょう。
ルミガンはもともと緑内障の点眼液です。
まつ毛美容としてルミガンを使用する場合、保険適応外になるので注意しましょう。

よくある質問

副作用はありますか?

どのくらいで効果を実感できますか?

個人差はありますが、ルミガンを塗り始めてから早くて10日、長くても約4ヶ月で効果を実感できるでしょう。
ルミガンのジェネリック医薬品、ケアプロストも同様です。

ルミガンは1本でどれくらい持つの?

1日1回左右の目に使用で、約3ヶ月持ちます。

ルミガンはどこで購入できるの?

主に美容クリニック、皮膚科や眼科です。
海外からの個人輸入などには、相応のリスクがあることを覚えておきましょう。
医薬品ですので危険なのでやめましょう。

ルミガンはどこで購入できるの?

主に美容クリニック、皮膚科や眼科です。
海外からの個人輸入などには、相応のリスクがあることを覚えておきましょう。
医薬品ですので危険なのでやめましょう。

当クリニックは信条に「真の美と健康を」掲げ、皮膚科専門医・形成外科専門医が一人ひとりにあった治療をご提案いたします。
各駅からのアクセスも良好です。
ルミガンについて、また他のお悩みなど、まずはお気軽にお問い合わせください

まずはお気軽に
お問い合わせください

03-5422-9901
LINEで問い合わせ

麹町皮ふ科・形成外科クリニック

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階

TEL03-6261-2458

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分

BIOTOPE CLINIC

東京都港区白金台4丁目9-10
グリーンリーブス 2F

TEL03-5422-9901

白金台駅 出口1から徒歩1分

※営業やセールスなどの電話はお断りしています。
患者様からのお電話がつながりにくくなり大変迷惑をしております。