麹町皮ふ科・形成外科クリニック

minoxidill
ミノキシジル

ミノキシジルとは発毛・育毛剤の成分で、内服薬もしくは外用薬(塗り薬)のかたちで広く使用されています。

ミノキシジルの効果は、日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版でも推奨度A(行うよう強く勧める)と評価されています。

ミノキシジルには、血管を拡張させ血流を増やす成分があります。

男性型脱毛症(AGA)のお薬として、他にフィナステリド(製品名:プロペシア、フィンペシア)がありますが、こちらは男性ホルモンに作用するのに対し、ミノキシジルは血管拡張剤で頭皮・毛根への血流を増加させる作用があります。

フィナステリドが毛周期の改善を促し、ミノキシジルは頭皮の血流を改善させ育毛環境を良くするというイメージになります。

ミノキシジル製剤と使用法

ミノキシジル製剤には主に2タイプがあります。効果はタブレットタイプの方が出やすいのですがどちらも特徴があります。

外用薬:ミノキシジル外用剤(塗り薬)

頭皮に塗るタイプのミノキシジルは濃度が重要で、成分5%以上の製剤が主に使用されます。
1日2回、1回1mLを脱毛している頭皮に塗ることで効果が期待できます。 効果を実感するまでには、約16週間(4か月)~24週以上(6か月)以上の継続的な使用が必要です。
生え際への効果は限定的です。
用法用量を超えて多量に使用しても効果が早く出ることはなく、むしろ皮膚トラブルを招く原因になるので注意が必要です。
外用薬に関しては市販薬が存在し薬局で購入することも可能です(大正製薬「リアップ」、スカルプD「メディカルミノキ」など)。

内服・タブレット:ミノキシジルタブレット(内服薬)

ミノキシジルタブレットの内服は、薄毛育毛治療としては有効で、外用薬に比べて吸収率が高く、効果の実感もしやすいのが特徴です。1日1回5mgを服用します。
ただし、外用剤とは異なる副作用に注意する必要があります(後述)。状況によっては半錠(2.5mg)に減量して飲みます。
個人輸入で内服している方もいらっしゃいますが、ミノキシジルは心臓血管系の副作用(むくみ、動悸、心臓周囲に水が溜まるなど)もあるため、医師の管理下で処方されるべき製剤です。
※外用剤のようなミノキシジル内服薬の市販はされておりません。

作用機序

AGAの発症機序としてジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンが関与します。DHTによって毛周期が短縮し、髪の成長サイクルが障害されると同時に、毛根に栄養を届ける血管も収縮し血行が悪くなっていくのです。ミノキシジルは血管拡張作用により、毛根への血流を改善させることができるのです。

ミノキシジルは成長因子の産生も促す

ミノキシジルには頭皮の血流改善作用以外にも、成長因子(インスリン様成長因子1:IGF-1」や 血管内皮細胞増殖因子:VEGF)などの産生も高める効果があります。
成長因子によって毛母細胞の活性を高め育毛・発毛を促進することが可能です。

副作用

ミノキシジルは育毛剤としては外用剤として使用されることの多いお薬です。
そのため最も目立つ副作用は、頭皮のかゆみや発疹、かぶれ、ふけが増えるなどの皮膚トラブルになります。
一方、内服薬としてタブレットを服用した場合の副作用としては、皮膚トラブルは基本的になく、
以下のような心血管系の副作用をきたすことがあります(外用剤でもそのリスクはゼロではありませんが、通常濃度であればほとんどその心配はありません)。

  • 頭痛
  • めまい
  • 動悸
  • 手足のむくみ

また、タブレットタイプは発毛・育毛効果が全身に現れることがあるため全身の毛が濃くなる傾向があります。
日本皮膚科学会のAGA診療ガイドラインにおいても外用剤に比べて推奨しにくいのは、この副作用の懸念からなのです。
もともとミノキシジルの内服薬は高血圧治療薬で、髪の毛や体毛が濃くなるのは副次的な効果なのです。



よくある質問

ミノキシジルの外用剤とタブレットはどちらを使用すべきでしょうか?

治療開始直後に一時的に抜け毛が増えますか?

薄毛治療を始めると一時的に抜け毛が多くなることがあります。 これを「初期脱毛」といいます。
この初期脱毛によって治療開始後約1~2か月間は 「かえって薄くなったのでは?大丈夫ですか?」と心配される方も少なくありません。
AGAは毛周期(ヘアサイクル)の異常によって起こります。 具体的には成長期(毛が太くなる時期)の期間が短くなり、退行期(毛が細くなる)、 休止期が多くなってくることが原因です。
治療を始めると一度休止期に入ってからに成長期に移行していくため、 一時的に薄毛が進行したかのように脱毛がおこるのです。
初期脱毛はミノキシジル外用薬でも起こることがありますが、タブレット内服で頻度の高い反応です。

ミノキシジルはフィナステリド(プロペシア)と併用した方が良いでしょうか

はい。ミノキシジルは頭皮への血流を改善させ毛髪にとって最適な環境にすることが可能です。一方フィナステリド(プロペシア)は毛周期を改善させます。これらの相乗効果が満足度の高い育毛治療に繋がります。生え際に関しては特に直接男性ホルモン(DHT)を抑制するフィナステリド(プロペシア、フィンペシア)との併用が大事になります。

ミノキシジルはずっと使用しなくてはいけませんか?

はい、残念ながら使用を中断すると、元の状態に戻っていってしまいます。育毛環境や毛周期を改善はさせますが、薄毛の進行を根本的に解決しているわけではありません。

料金表

内服薬

ミノキシジル

ミノキシジルタブレット1箱100錠
8,800円

外用薬

ミノキシジル

ミノキシジル5%外用液
5,500円

PAGETOP

03-6261-4320
受付時間10:00~19:00 / 休診日:不定休

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階
麹町、市ヶ谷、半蔵門、永田町からもアクセス良好

診療時間 / 休診日:不定休

日・祝
10:00

13:00

診療時間を
ご覧ください
14:00

19:00

14:00

17:00
(最終受付16:30)

診療時間を
ご覧ください

※診察受付開始は初診・再診とも診療時間10分前です。

■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)
■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)
■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、
ホームページに記載されている診療時間をご覧ください。