美容外科・美容皮膚科・医療脱毛・医療ダイエット 麹町皮ふ科・形成外科クリニック

リバースピール

肝斑・色素沈着に特化したピーリング治療


難しい肝斑・炎症後色素沈着の治療


肝斑やレーザー治療後の炎症による色素沈着は、一般的なシミ取りレーザーなどによる治療が難しいとされています。
もともと何らかの炎症で起きている色素沈着なので、治療自体が炎症を起こしてしまうような刺激の強いレーザー治療では逆効果になってしまうことがあります。

リバースピールとは?


リバースピールはケミカルピーリングによる最新肝斑治療 真皮の奥から色素沈着を改善します


リバースピールは、PRX-T33(マッサージピール)に肝斑用成分を追加し、肝斑・色素沈着に特化したピーリング治療です。
肝斑・色素沈着の改善に考慮した3種類の薬剤を使用し、真皮の奥から表皮に向かって浸透させることで長年の炎症や刺激などで肌の奥深く蓄積してしまったメラニンを酸化させ、肌への負担を抑えながら改善して行きます。

リバースピールはこんな方にオススメ!

  • 肝斑を改善したい
  • 色素沈着を改善したい
  • レーザー治療以外の肝斑治療を探している
  • 他の治療で肝斑が濃くなった
  • 他の治療で肝斑を取りきれなかった

リバースピール(肝斑ピール)の特徴

  • 特徴その1
  • 肝斑に特化したピーリング
    新しい浸透型ピーリング

  • 特徴その2
  • 肌への影響を抑えつつ改善
    炎症や再発のリスク軽減

  • 特徴その3
  • 皮膚の各層への3つの薬液を使いアプローチ
    3ステップの段階的治療

リバースピール治療の流れ

リバースピールは皮膚の奥から肝斑や色素沈着にアプローチ
3つの層、真皮→表皮深層→表皮浅層の順に薬剤を浸透させていき、色素沈着を改善します。

  • Step.1 診察

    医師によるカウンセリングを行います。
    ご不明な事や不安などがありましたらお気軽にご質問下さい。

  • Step.2 洗顔

    メイクを落として洗顔をしていただきます。
    強く擦らず泡で優しく洗って下さい。

  • Step.3 (真皮層)

    トリクロロ酢酸(TCA)、過酸化水素、コウジ酸を配合。優しくマッサージしながら浸透させます。過酸化水素の働きによりメラニンを酸化させ、コウジ酸によるメラニン抑制、美白作用が続きます。浸透を促すトリクロロ酢酸(TCA)が浸透性を高め、主成分を真皮深層まで到達させます。

  • Step.4 (表皮最深層)

    高濃度78%乳酸、フィチン酸を配合、薄く塗布し浸透させます。高濃度の乳酸(78%)で表皮のピーリングを行い、表皮深層に存在するメラニンを除去します。また、フィチン酸はメラニン生成に関係する鉄(Fe)を吸い出す作用があります。

  • Step.5 (表皮層〜中層)

    ヒドロキシ酸、コウジ酸、フィチン酸配合。薄く塗布し浸透させます。表皮の浅い層で古い角質を除去する、ヒドロキシ酸(グリコール酸20%、マンデル酸20%、サリチル酸10%)が肌表面を滑らかにし、肌のターンオーバーを正常化させ、コウジ酸がメラニン抑制、美白作用を発揮しさらに効果を高めていきます。

  • Step.6 アフターケア

    最後にアフターケアとして【リバースセラム】を塗布します。リバースセラムは、トラネキサム酸、フェルラ酸、αリポ酸、グラブリジン、アルバチンCPペプチド、ラクトフェリン、ニコチンアミドを成分としており、色素沈着を予防します。リバースセラムはご自宅でのアフターケアとしてもご使用になれます。

リバースピールのメリット・デメリット

メリット デメリット
ダウンタイムが少ない 灼熱感が出る可能性がある
施術直後から化粧ができる 一部の薬剤と併用ができない
即時的効果がある コウジ酸アレルギーを持っている方は施術できない
幅広い効果がある ホームケアが必要である
肌質(混合肌、敏感肌)に合わせて調整ができる

施術に関して

  • 施術時間:10〜30分(肌質による)
  • 術後の通院:1〜2週間に1回、計5回が平均的
  • 麻酔:なし

概要やリスク

麻酔 麻酔なしで治療できます。
所要時間 肝斑部分のみの治療で30分程度です。
洗顔・入浴・メイク メイク: 当日からお化粧は可能ですが、赤みやヒリヒリ感がある場合は控えていただくか、なるべくお肌に優しいものをお使いください。
シャワー / 洗顔 / 入浴: 当日から可能です。
通院回数 お肌の状態にもよりますが2~4週間に1回のペースで治療を行うことをおすすめします。
元々の状態によって回数は個人差がありますが平均して5回程度の治療で改善することが多いです。
副作用・ダウンタイム 肌の状態によっては赤み、皮剥けが数日続く場合があります。
注意事項 治療前後特に強い日焼けにはご注意いただき、毎日日焼け止めをご使用ください。
ピーリング後、数日は乾燥しやすく日焼けしやすい状態になるので保湿と紫外線対策を行い摩擦などはさけてください。

リバースピールを受けられない可能性のある方

  • 配合成分に対する過敏症のある方
  • アスピリンに対して過敏症のある方(アスピリン喘息を含む)
  • アルコールに対して過敏症のある方
  • 現在強い炎症のある肌状態(アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、かぶれなど)
    ※ニキビは問題ない場合が多いです。
  • 普段からトレチノイン(レチン、レチノイン酸、ディフェリンゲルなど)、過酸化ベンゾイル(ベピオゲル・デュアック・エピデュオなど)、その他のピーリング剤を使用されている方⇒2週間ほど使用しない期間を置いた後の治療が安全
  • イソトレチノイン(アキュテイン、ロアキュテイン・ロアキュタンなど)の内服中の方。内服歴がある方もご相談ください。
  • ヘルペス治療中の方
    ※頻繁にヘルペスが出る方はご相談ください。
  • 女性の場合、妊娠中・授乳中
  • お肌に大きな負担のかかった状態

料金price

リバースピール(肝斑・くすみ)

1回 5回  
19,800円 89,100円  

マッサージピール+リバースピール

1回 5回  
33,000円 148,500円