麹町皮ふ科・形成外科クリニック

kabelline
カベルライン注射

カベルライン注射とは

デオキシコール酸を主成分とする脂肪溶解注射で、脂肪を溶かす有効成分デオキシコール酸が、注射した部位の脂肪細胞の数を減らします。
破壊された脂肪は、静脈やリンパ管を通じて自然排出されるので、切開を伴う手術をすることなく、痩せにくい部位の脂肪を落とし、フェイスラインや体のラインをすっきりさせます。
顔全体、顎、腹部、脇腹、脇回り、背中、内腿、臀部等の施術が可能です。
デオキシコール酸の他に、腫れや痛みを抑える成分が配合されています。ダウンタイム(術後の回復期間)が短く、短期間で繰り返しの治療が可能です。
1回の治療でも効果が期待できますが、脂肪量やご希望の痩身効果を得るためには最短で1週間に1回、複数回の治療が推奨されます。

このような方におすすめ

  • 顔のタルミを改善したい
  • 丸顔を改善したい
  • 小顔に改善したい
  • 左右のフェイスラインが違う
  • 口まわりの厚みを軽くしたい
  • 腫れにくい治療をしたい
  • 手術に抵抗がある

かんたん注射で理想のフェイスライン

カベルライン注射

デオキシコール酸とは

デオキシコール酸は、人間や動物の胆汁に含まれる胆汁酸の一種で、脂肪の消化を促進する働きがあり、脂肪組織への注射で脂肪細胞を減少させることが可能です。
米国では脂肪溶解剤としてFDAの承認を得ている有効成分なのです。

主成分

デオキシコール酸

脂肪の乳化を促進します。

L-カルニチン

脂肪の代謝、分解を促進します。

アーティチョークエキス

脂肪を血液中に誘導、排泄を促進します。

カベルラインとBNLS NEOの比較


製品名 カベルライン BNLS NEO
内容量

8ml/バイアル

10ml/バイアル

主な成分

デオキシコール酸

セイヨウトチノキ、カラクサケマン等

デオキシコール酸(%)

0.5%

0.0001%

副作用

稀に赤みや腫れが出る

赤み、腫れがより少ない

治療間隔

1~2週間に1回 (計4回~8回程度)

1~2週間に1回 (計4回~8回程度)

概要やリスク

洗顔・入浴・メイク

洗顔・メイク・入浴は当日から可能ですが、直後は避けた方が肌にやさしいです。

副作用・ダウンタイム

注射部位に注射痕が生じますが、1~2日で自然に治ります。
施術直後は軽度の赤みや腫れが出ますが、通常数時間程度で改善します。
内出血や赤みが出ることがあります。大豆アレルギーの方には投与できません。

注意事項

サウナ、飲酒、激しい運動は施術後2~3日間は避けてください。
妊娠中・授乳中の方、18歳未満の方、細小血管障害・血管不全のある方、免疫不全・自己免疫疾患の方、抗がん剤治療中の方、施術部位周辺に湿疹等の疾患のある方、過去に同様の治療を受け異常が出た方は、治療を受けられません。


料金表

カベルライン注射

カベルライン注射
8 ml66,000円
16 ml110,000円
24 ml165,000円

PAGETOP

03-6261-4320
受付時間10:00~19:00 / 休診日:不定休

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階
麹町、市ヶ谷、半蔵門、永田町からもアクセス良好

診療時間 / 休診日:不定休

日・祝
10:00

13:00

診療時間を
ご覧ください
14:00

19:00

14:00

17:00
(最終受付16:30)

診療時間を
ご覧ください

※診察受付開始は初診・再診とも診療時間10分前です。

■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)
■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)
■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、
ホームページに記載されている診療時間をご覧ください。