美容外科・美容皮膚科・医療脱毛・医療ダイエット 麹町皮ふ科・形成外科クリニック

性同一性障害の外科的治療

GIDのSRS(性別適合手術)は当院では取り扱いませんが、以下のものは対応します。

GID(性同一性障害)治療について

当院では日本精神神経学会のガイドラインに準拠し、GID学会医師である院長が性同一性障害の方を対象に患者様の身体と心のことを第一に考えて治療を行っています。GID特例法が2003年に可決されましたが、国内において受け入れられる医療機関が少なく、満足した治療が受けられないのが現状です。
治療を望む患者様の希望を実現するため、当院では性同一性障害の手術を大学病院で研鑽を積み、手術に精通した形成外科専門医がていねいなカウンセリングを行い、最適な治療法をご提案します。
どの方法が自分に合っているかお悩みの方も、まずはお気軽にご相談ください。

FTM(女性から男性へ)

FTMの性転換における患者様の最大の悩みである乳房乳腺切除を取り扱っています。また、乳房の形状を男性化するだけでなく、乳輪・乳頭部の位置、傷が目立たず患者様への負担の少ない施術を特長としています。

【治療方法】

  • 男性ホルモン治療
  • 乳房、乳腺除去
  • 乳輪、乳頭形成

case01乳房切除術

このようなことでお悩みの方へ
FTMの方が男性として社会生活を営む上で妨げとなる乳房を切除します。しかし、この手術は乳房を取るだけが目的ではなく、男性型の胸郭になるように形作る必要があります。われわれは、FTMの方々が自信を持って上半身裸になれる治療を目指しています。
治療詳細
全身麻酔下で行います。近くのホテルに滞在、術後3-4日目にドレーン抜去、7-10後に抜糸します。
他院で治療後の変形などの修正
FTMに対する乳房切除やMTFSRSなどの手術を受けた後の引きつれや傷あとなどの修正手術を行うことができます。
FTMに対する乳房切除術は男性型の胸にする手術です。手術後に十分男性に見えるようになっていなければ、まだ、改善の余地があるかも知れません。
MTFSRSの術後に外性器の形態をよりそれらしく見えるように改善することも可能です。

MTF(男性から女性へ)

男性が女性にGID手術を行っても性差による顔の悩みが残ってしまうことが多いです。そこで、顔の美容外科施術も有効な手段です。一般に、女性は顔に丸みを帯びていて、額も丸くふっくらとした印象です。骨格的違いや、皮下の脂肪の量によるこうした顔の特徴は、ホルモン注射だけでは変わりません。当院では形成外科専門医が顔面の顎やおでこの骨の女性化や、ヒアルロン酸注入などの手法を用いて、より女性らしさを強調した顔へと変化するための施術をご案内しています。

【治療方法】

  • 女性ホルモン療法
  • 睾丸摘出
  • 陰嚢摘出
  • 陰茎切除
  • 小陰唇・大陰唇形成
  • 乳房形成、豊胸術
  • FFS(顔面女性化手術)
  • ヒアルロン酸、ボトックス注入療法

case02FFS(Facial Feminization Surgery、顔面女性化手術)

MTFの当事者の方に対してより女性的な顔貌にするための手術です。
頬骨、下顎角部(エラ)、前頭部などに対し、骨切り術や骨削り術をおこないます。
MTFの方が、女性として社会生活を営むためのお役に立ちたいと思っています。

case03喉頭隆起(のど仏)を削る手術

のど仏は、男性的に見える原因になります。なかなか完全に平らにはできませんが、多少でも目立たなくすることができます。

料金price

男性ホルモン注射 1回 5,000円
乳房切除 650,000円
乳輪縮小術 両側 378,000円
乳頭縮小術 両側 378,000円
乳房切除後 余剰皮膚切除 400,000円
乳房切除後 修正 250,000円
女性ホルモン注射 5,000円
睾丸摘出 150,000円
陰嚢除去 350,000円
睾丸摘出+陰嚢除去 450,000円
陰茎切除 850,000円
陰茎切除+小陰唇・陰核形成 1,950,000円