美容外科・美容皮膚科・医療脱毛・医療ダイエット 麹町皮ふ科・形成外科クリニック

フェイスリフト

フェイスリフトとは

頬や首のたるみ・しわは、どうしても年齢があがっていくと増えていくものです。これらの頬・首のたるみの治療には、様々な方法があるものの、やはり手術が最も有効です。

形成外科において、頬や首のしわを取る手術は“フェイスリフト”と呼ばれ、アンチエイジング手術の中ではもっとも手技的に確立されています。したがって、安全性とその効果は確かなものだといえるでしょう。
当院では、大学病院にて数多くのフェイスリフトを含め、長年経験を積んだ院長が必ず対応いたします。

顔面皮下の深層にある浅筋膜(SMAS)を丁寧に剥がして、これを用いて引き上げてリフトアップするSMASリフトが最も一般的です。


このような方におすすめ
  • シワ、たるみを目立たなくしたい方
  • フェイスラインをシャープにしたい方

フェイスリフトのメリット

  • ほかの施術では難しい、下顔面へのアプローチが可能
  • 根底からたるみを解消できる


顔は3つのエリアに分類することができ、上から「上顔面」「中顔面」「下顔面」といいます。

加齢による骨や筋肉の萎縮、皮下脂肪の減少などによって生じるしわやほうれい線の大きなものは、中顔面〜下顔面に現れます。しかし下顔面のリフトができる治療は多くなく、また想像していたような効果が得られないこともありました。

一方、フェイスリフトではこの中顔面〜下顔面にしっかりアプローチでき、見た目の変化はもちろん、長期にわたって効果が持続します。

フェイスリフトは、皮膚のたるみが深刻な方のほか、スレッドリフトからのステップアップの治療としてもご提案しています。

フェイスリフト成功の鍵は、「SMASの引き上げ」と「リガメント切離」



SMASの引き上げ

フェイスリフトには皮膚や骨膜下を引き上げるものもありますが、皮膚のリフトではリフトアップが足りず、骨膜下リフトでは体への負担の割に効果が低い、など思ったような効果が得られませんでした。

そして、近年注目されているのが、「SMAS」です。SMASは皮膚や皮下脂肪の下にある表在性筋膜層で、たるみに大きく影響する広頚筋(こうけいきん)とつながっていることから、フェイスリフトの要となります。

リガメント切離

リガメントとは、皮膚や皮下組織とSMASや骨とをつなぐ靭帯のことをいい、顔のあらゆる場所に存在します。

このリガメントを、著しくゆるみが生じている状態でそのままにしておくと、いくらSMASなどを引き上げても、リガメントの力で元の場所に引き戻されてしまいます。そこで、SMASを剥離すると同時にリガメントを切ることで、見た目の変化を得るとともに術後の組織の保持力を高めます。

SMASやリガメントの操作・切離は皮下で行うため、皮膚表面の傷とはなりません。

フェイスリフトの効果

効果の持続期間の目安

効果については一概には言えないのですが、SMASを引き上げて余剰分を処理した効果は、何年経っても元どおりになることはありません。

しかし、皮下脂肪(特に頬脂肪体)や皮膚のたるみは、手術の翌日からでも再び起こり始めるため、外見上は短期間(1〜2年程度)で元に戻ってしまったように感じる場合もあります。

目安として、「手術によって5〜10歳若返り、その後5〜10年経つうちに効果は薄れていくが、手術をせずに同じ年月を得た状態との差は恐らく大きい」とお考えください。

フェイスリフトの効果が現れやすい年齢は?

加齢が進んでしまうと、骨の萎縮や皮下脂肪の減少などにより、思ったような引き上げ効果が得られず、術後の保持力も弱くなってしまいます。そのため、予防治療の意味で、早めの40〜50代を目安にフェイスリフトを受けるようおすすめします。

その反対に、フェイスリフトは年齢が若すぎても変化を実感しづらく、30代前半以前の方には基本的におすすめしていません。たるみが軽度の場合には、超音波治療のウルセラリフトなどが適しているでしょう。

手術メニュー一覧

額リフト



額リフトは額のフェイスリフトで、額のシワに非常に効果的な施術です。
額に深く刻まれたシワを解消することで、若々しさが増します。
額の髪の毛の生え際を切開し、余分な皮膚を切除する施術方法で、腫れも少なく傷も目立たずに、額のシワに対し高い効果を実感していただけます。

  • 手術時間:約3時間
  • ダウンタイム:7日間



首元は年齢が出やすい場所。首のシワやたるみはメイクで隠すこともできないため、「スカーフが手放せない」「タートルネックの服ばかり着てしまう」など、お悩みの方が多い症状です。
ネックリフトは、耳の後ろ側付近の余分な皮膚を取り除き、皮膚と皮膚の中のたるんだ筋膜を引き上げることで、首やあごの縦ジワ・たるみに効果的です。

  • 手術時間:約3時間
  • ダウンタイム:7日間

顔下半分+首



首のリフトに加えて、顔下半分のフェイスリフトは、耳の前から後ろにかけてを切開してタルミを取り除きながら引き上げます。加齢のよるフェイスラインや口角のタルミに効果的です。
たるんだ筋肉も引き上げてもとの位置にもどすため、若い頃と同じ輪郭に近づき、若々しさが増します。
当院では、患者様一人一人のご希望や症状に合わせ、若々しさを増しながら自然なフェイスラインを引き出す施術を行っております。

  • 手術時間:約3時間
  • ダウンタイム:7日間

顔全体+首



首と顔下半分のフェイスリフトに加えて、次のように施術します。


中顔面リフト

中顔面リフトは、加齢により垂れ下がった頬の脂肪を引き上げる施術です。
中顔面リフトには、こめかみから骨膜下剥離を行うミッドフェイスリフトと、下まぶたから骨膜下剥離を行うチークリフトがあります。
目の下のくまやタルミが解消され、頬が上がり、若々しくなります。


こめかみリフト

こめかみリフトは、こめかみから頬の上部のタルミを引き上げる施術で、目尻のシワや目の下のタルミに効果的です。
側頭部の頭髪内を切開する施術ですので、お顔に傷が残る心配はありません。



  • 手術時間:約4時間
  • ダウンタイム:10日間

顔全体+額+首

  • 手術時間:約4時間
  • ダウンタイム:10日間

フェイスリフトの概要やリスク

麻酔全身麻酔
所要時間2〜4時間程度
洗顔・入浴・メイク洗顔・シャワー : 翌日から可能
※患部はお湯で流す程度にしてください。
入浴 : 腫れが概ね引いてから可能
メイク : 抜糸後から可能
通院回数診察 ▷ 手術 ▷ 手術の1〜3日後にドレーンや包帯を外す ▷ 手術の1週間後に抜糸 ▷ 手術の1ヶ月後に患部のチェック ▷ 手術の3ヶ月後に患部のチェック
※通院回数は、術後の経過などによって個人差があります。
副作用・
ダウンタイム
・術後しばらくは傷あとが赤く、硬くなります。通常は3か月程度で落ち着きますが、すっかりなじむまでには6ヶ月以上かかることもあります。
・皮膚のひずみ(だぶつき)はできるだけきれいに処理しますが、耳後部には多少ギャザーやふくらみが残ることがあります。時間の経過とともになじんでいきますが、6ヶ月以上経っても目立つ場合には、修正を考慮します。
・顔面神経麻痺:筋膜(SMAS)のすぐ下に多数の顔面神経があり、この神経が損傷を受けると顔の表情にゆがみが発生します。当院では、顔面神経の永久的な麻痺が残ること可能性は極めて低いですが、局所麻酔の影響などによって一時的な麻痺が起こることがあります。通常は数日以内に回復しますが、2〜3ヶ月ほどかかることもあります。
・皮膚壊死:皮膚のすぐ下を広範囲に剥離するため、皮膚の血行が悪くなることがあります。通常は一時的に色調が悪くなる程度で徐々に回復していきますが、術前の健康状態等によっては(特にヘビースモーカーの方)、まれに皮膚壊死が起こることがあります。このような場合には回復に非常に時間がかかり、治療した後も大きな傷跡が残る可能性があります。
・感覚障害:皮膚を剥離したところや耳の皮膚の感覚が鈍くなることがあります。通常は一時的なもので心配ありませんが、まれに耳たぶの感覚が回復するのに数年かかる場合があります。
・感染(化膿):滅多にないことですが、どのような手術でも細菌感染が起こる可能性があります。
・血腫:術後に出血が起こり、皮膚の下に溜まってしまうことがあります。
・麻酔を行う際、注射針によって内出血が起きることがあります。
・予想以上に効果の実感が得られない、または修正効果が弱いことがあります。
注意事項 抜糸まで、サウナや激しい運動、飲酒などの血流を活発にする行為はお控えください。

料金表price

フェイスリフト

額リフト 748,000円〜
748,000円〜
顔下半分+首 880,000円〜
顔全体+首 1,430,000円〜
顔全体+額+首 2,200,000円〜