麹町皮ふ科・形成外科クリニック

nk
NK細胞療法

NK細胞とは

NK細胞は、自然免疫細胞の主要な細胞傷害性リンパ球の1種で、獲得免疫細胞であるT細胞の樹状細胞からの情報を獲得して活性化し、CTLとなってがんを攻撃する細胞と異なり、自然免疫細胞であるNK細胞は樹状細胞の情報を必要としないでがん細胞を破壊することができることから、生まれつき(natural)の細胞傷害性細胞(killer
cell)という意味で名付けられた細胞です。

NK細胞は、末梢血中のリンパ球に占める割合は5%~20%とそれ程多くはありませんが、血液を循環してがん細胞やウイルス感染細胞を見つけて攻撃するという重要な役割を果たしています。

CTLとNK細胞の違い

がん細胞は、分裂を続けて発達する段階で、高頻度でMHC分子(HLA-Ⅰ)またはがん抗原の提示を失うことが知られており、両者を同時に認識して攻撃するCTLではがん攻撃力が低下します。

しかし、NK細胞はHLA-Ⅰやがん抗原の提示に関係なく、がん細胞を攻撃することができ、免疫細胞療法に理想的な細胞であると考えられます。

CTL細胞の認識方法

CTL細胞は、HLA-Ⅰ(白血球抗原)とがん抗原(ペプチド抗原)、両方の目印を同時に認識しなければ、がん細胞を攻撃できません。
しかし、がん細胞は進行するにつれて、最大で約70%のがん細胞が一つの目印(HLA-Ⅰ)を隠してしまいます。したがって、CTL細胞は進行がんを認識・攻撃することができないため、治療効果が下がってしまいます

NK細胞の認識方法

NK細胞は正常細胞を認識し、それ以外の異常な細胞、つまり、がん細胞を攻撃します。
さらに、NK細胞はがん細胞等の異常細胞に発現されるMIC A/B分子をNKG2D分子で認識して攻撃をします。
HLA-Ⅰに依存せずにがん細胞を認識・攻撃するため、進行がんに対しても治療効果が高いのです。

NK細胞療法

これまでの研究において、大量の高度に活性化した「NK細胞」を培養によって得ることは困難でした。しかし、本療法は、NK細胞培養用培地(EALI515-NK)を用い、低い血清濃度で効率的に高い細胞傷害性を保った状態のNK細胞を培養することが可能となります。

本療法において、培養によって得られる「NK細胞」は約30億個以上(従来は約10億個)であり、培養された全細胞におけるNK細胞の占める割合(細胞純度)は80%~90%とトップクラスを誇ります。また、本療法においては、他の「NK細胞」療法とは異なり、初期培養のNK細胞の活性化因子として特殊な試薬を用いて、増殖・活性化を促します。

ハイパーDC療法との併用

本療法は、がん細胞のHLA-Ⅰとがん抗原の提示がなくても攻撃できる自然免疫細胞のNK細胞を主としています。様々ながんの目印を認識させた樹状細胞ワクチンを投与して、その情報をCTLに伝達、活性化させるハイパーDC療法(獲得免疫)は目標を確実に捕らえる「ミサイル」攻撃と目標がなくても自己正常細胞以外の細胞(がん細胞)を「絨毯爆撃」攻撃するNK細胞と組み合わせることで、効果率の向上が期待できます。

基本的な治療の流れ

1. 患者さんから25~65mlの血液を採取します。(約10分)
2. 特殊試薬を用いたNK細胞の選択的増殖・活性化します。(培養期間は約2週間)
3. 治療は外来で免疫細胞の点滴液により体内に戻します。(約1時間)

1クールを6回とし、2週間に1回または1か月に1回の頻度で実施します。頻回投与により、患者血液中のT細胞が減少する可能性がある為、治療毎に患者血液中のT細胞(CD3陽性細胞)及びNK細胞(CD56陽性細胞)の比率を観察して治療期間・治療間隔を決定します。
※リンパ球におけるNK細胞の占める割合の検査、または初期培養(約1週間)においてNK細胞増殖の結果、本療法を実施できない場合があります。
その場合、免疫細胞BAK療法、ハイパーDC療法による治療をお奨めします。

NK細胞療法の特徴

樹状細胞ワクチン療法との相性が期待されます。

高度に活性化されたNK細胞が、樹状細胞ワクチン療法を補完し、より高いがん細胞への攻撃が期待できます。

副作用が少ない

自分の血液から採取したNK細胞を培養、活性化します。投与後は発熱が認められるケースもありますが、拒絶反応やアレルギー反応など、副作用の心配が少ない体にやさしい治療と言えます。

無理のない継続治療が可能で、生活の質(QOL)を高く維持できます。

例えば、抗がん剤治療では強い副作用によって長期入院を余儀なくされることがありますが、セレンクリニック東京のNK細胞療法は身体的、精神的負担がほとんどなく、通院による治療が可能です。生活リズムを保ちながら治療ができ、生活の質(QOL)を高く維持することができます。

再発・転移防止に有効です。

活性化した大量のNK細胞が身体全体をめぐるため、再発・転移にも有効性が高いと考えられます。 特に、がんは進行すればするほど血流やリンパの流れを通して、身体全体にがん細胞が拡散される危険が
高く、拡散したがん細胞を発症させないためにもNK細胞療法は有効であると考えられます。

料金表

再生医療・免疫療法

NK細胞療法

検査、処置、管理料
88,000円
1回投与
275,000円

PAGETOP

03-6261-4320
受付時間10:00~19:00 / 休診日:不定休

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階
麹町、市ヶ谷、半蔵門、永田町からもアクセス良好

診療時間 / 休診日:不定休

日・祝
10:00

13:00

診療時間を
ご覧ください
14:00

19:00

14:00

17:00
(最終受付16:30)

診療時間を
ご覧ください

※診察受付開始は初診・再診とも診療時間10分前です。

■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)
■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)
■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、
ホームページに記載されている診療時間をご覧ください。