麹町皮ふ科・形成外科クリニック

zoudaijutsu
増大術(脂肪注入術)

増大術(脂肪注入術)とは

当院の増大術(脂肪注入術)は、わき腹・内股・下腹部から取った患者さん自身の脂肪を注入しペニスを太くする手術です。
脂肪注入器で陰茎本体だけでなく、亀頭にも注入します。
注入した脂肪がどの位生着するか個人差があり、生着度合いにより太くなる度合いも変わります。

このような方におすすめ

  • ペニスが細くて小さいので恥ずかしい。
  • 小さい事がコンプレックスで前向きになれない。
  • ペニスはそれなりに長いと思うが、細い。

ポイント

注入された脂肪

注入された脂肪は、周囲から毛細血管が進入し血液が流れ込み酸素と栄養が与えられ生きるのです。
個人差はありますが20%~80%の脂肪がそのまま周囲の組織と同化し生着します。

どのくらい太くなる?

注入された脂肪は、周囲から毛細血管が進入し血液が流れ込み酸素と栄養が与えられ生きるのです。
個人差はありますが20%~80%の脂肪がそのまま周囲の組織と同化し生着します。

もっと太くしたい

「たくさん注入すればするほど、もっと太くできるのでは」と、思われがちですがそうではありません。
一度に大量に脂肪を注入しても無意味です。なぜなら、注入した脂肪が生着するためには酸素と栄養を供給してくれる毛細血管が必要だからです。
脂肪注入というのは、たくさん脂肪を入れればそれで良いというものではなく「入れた脂肪がいかに沢山生きるか」が重要なのです。

生着しなかった脂肪は?

脂肪注入術で一度生着した脂肪は、体の一部として一生残ります。 またあくまで自分の脂肪を注入したわけですから、薬物や異物を注入するのと違い副作用はありません。
「生着しない脂肪はどうなるのか?」と心配する方もいるでしょうが、移植脂肪も元は自分の細胞です。 死んだ細胞として体の代謝機能にしたがって排泄されます。

概要やリスク

麻酔

局所麻酔

所要時間

1時間30分
クリニック滞在時間:3時間

洗顔・入浴・メイク

シャワー:傷口を濡らさなければ翌日からOK(傷口は8日間は濡らさない)
入浴:2週間禁止

通院回数

抜糸の有無:吸引部位・注入部位は自然に溶ける糸を使うので抜糸は必要なし
再来院の有無:1ヵ月後検診

副作用・ダウンタイム

仕事(通常生活)復帰までの期間:次の日(術後1ヶ月は局所安静)
腫れの有無:実際に入れる脂肪の量は多量ですから、その分1ヶ月は膨らんでいます
基本、手術・施術においてはその内容により注射をしたりメスを使ったりいたします。

麻酔などの注射の場合… 腫れ

メス・電気メスの場合… 腫れ・傷・出血

※傷跡を目立たなくするのが美容整形です

熱感・発赤などを感じることがあります。
麻酔液・注射液には必ず「アナフィラキシーショックに注意」と記載がありますが、それに対する準備は常に整っております
※副作用には個人差があります

注意事項

・術後のセックスは3~4週間しない方が脂肪の定着率はよい
・注入脂肪が生着するのに1ヶ月必要
・症例には個人差があるため、患者さんの理想通りできない場合がある
・術後の経過は個人差がある
・どんな手術・施術でも患者さんの過度な期待に添えない場合がある

料金表

男性生殖器

増大術(脂肪注入術)
全体396,000円
陰茎のみ264,000円
増大術
亀頭のみ264,000円

PAGETOP

03-6261-4320
受付時間10:00~19:00 / 休診日:不定休

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階
麹町、市ヶ谷、半蔵門、永田町からもアクセス良好

診療時間 / 休診日:不定休

日・祝
10:00

13:00

診療時間を
ご覧ください
14:00

19:00

14:00

17:00
(最終受付16:30)

診療時間を
ご覧ください

※診察受付開始は初診・再診とも診療時間10分前です。

■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)
■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)
■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、
ホームページに記載されている診療時間をご覧ください。