麹町皮ふ科・形成外科クリニック

babycollagen
ベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)

ベビーコラーゲンとは

人の胎盤から抽出したアメリカ製のヒト由来コラーゲンです。
ベビーコラーゲンは赤ちゃんの皮膚にだけ多く含まれているⅢ型コラーゲンが豊富に含まれているためベビーコラーゲンと呼ばれています。
コラーゲンにはいくつかの種類があり、見つけられた順番にⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型に分類されています。現在は19種類あることがわかっていますが、体内にあるコラーゲンの80~90%はⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型だといわれています。Ⅰ型は皮、骨、歯など、Ⅱ型は軟骨、Ⅲ型は胎児の皮膚や血管壁などに存在することがわかっています。
最近ではⅢ型コラーゲンの持つ再生能力が注目されています。

このような方におすすめ

  • 目元の疲れ感の改善
  • お肌表面の小じわ改善
  • すでに刻まれてしまったシワ
  • 皮膚が薄い方に
  • ヒアルロン酸できれいに仕上がらない方
  • 青・茶色にくすんだくま

施術箇所

ハリ、弾力、保湿、目周りの細かいシワ、額、眉間、ほうれい線など

赤ちゃんに豊富なⅢ型コラーゲン

Ⅲ型コラーゲンは自分自身の傷を治す力を高めるコラーゲンです。

子供の頃、今よりもずっと傷が早くキレイに治ったのは、Ⅲ型コラーゲンが皮膚に豊富にあったためです。

Ⅲ型コラーゲンは25歳前後から急激に減り始め、成人を過ぎてからお肌に残っているⅢ型コラーゲンは赤ちゃんのころの1/5程度といわれています。

最新研究で判明 Ⅲ型コラーゲンの素晴らしさ

ベビーコラーゲン製剤の最大の特徴は、Ⅲ型コラーゲンが豊富に含まれることです。

一般的にコラーゲン製剤と呼ばれるものはⅠ型のコラーゲンを指していました。

Ⅰ型コラーゲンは非常に精製しやすく研究が重ねやすいこと、皮膚や骨格を形成していて体の中のコラーゲン成分の中では大きな割合を占めることから、これまでⅠ型コラーゲンのみが着目されてきました。

しかし近年の研究で、傷を修復する際Ⅰ型コラーゲンが作られる前にはⅢ型コラーゲンが活躍していることがわかったのです。

Ⅲ型コラーゲンは傷を治したり、組織を再生する力を高めたり、弾力を持たせる効果があることが知られています。

Ⅲ型コラーゲンは、その効果を発揮したのち、徐々にⅠ型コラーゲンに置き換わっていくのです。

ベビーコラーゲンはトラブルが少ない製剤

ヒアルロン酸で起きやすいトラブルの一つであるチンダル現象(注入部位が青みがかって見える現象)は、コラーゲン製剤では起きません。

むしろ乳白色の色味がお目元の色味を明るく見せ、元気な印象のお目元にします。

そして、ヒアルロン酸と違い、水を含んで膨らむことがありません。

これまでヒアルロン酸が膨らみすぎてしまった経験のある方、むくみやすい体質の方にも適した製剤です。

さらに、Ⅲ型コラーゲンの持つ高い傷再生能力が針跡の修復を促すため、術後のダウンタイムを軽減します。

ベビーコラーゲン製剤は、ヒト由来で生成されており、従来の動物由来のものに比べてアレルギー発症リスクが低く、パッチテストも必要ありません。

局所麻酔が含有されているので痛みが少ないのも特徴の1つです。

このように、さまざまな角度から見ても、ベビーコラーゲン製剤はトラブルが少なく繊細な施術に向いています。

概要やリスク

麻酔

希望者のみ表面麻酔可能

所要時間

10分程度

洗顔・入浴・メイク

洗顔・シャワー : 可能
メイク : 可能

通院回数

なし

副作用・ダウンタイム

術後の経過や状態は個人差によりますが、腫れ、内出血、注入部位によっては鈍痛を感じる事もありますが、数日で軽減します。

注意事項

入院:なし
カウンセリング当日の治療:可能

料金表

PAGETOP

03-6261-4320
受付時間10:00~19:00 / 休診日:不定休

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階
麹町、市ヶ谷、半蔵門、永田町からもアクセス良好

診療時間 / 休診日:不定休

日・祝
10:00

13:00

診療時間を
ご覧ください
14:00

19:00

14:00

17:00
(最終受付16:30)

診療時間を
ご覧ください

※診察受付開始は初診・再診とも診療時間10分前です。

■平日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜19:00(最終受付18:30)
■土曜日
10:00〜13:00(最終受付12:30)
14:00〜17:00(最終受付16:30)
■日曜日・祝日
日曜・祝日の診療時間につきましては、
ホームページに記載されている診療時間をご覧ください。