医療法人社団FAM
logo
麹町皮ふ科・
形成外科クリニック
logo
BIOTOPE CLINIC

Column美容コラム

  • 美容外科
  • HIFU

医療HIFU(ハイフ)の効果とデメリットについて|効果的なショット数について

2023.01.17

 

HIFU(ハイフ)とは

ハイフは熱で皮膚の内側から引き締めていく施術です。

顔のたるみ改善やリフトアップに効果があります。

ハイフは皮膚の内側に刺激を与えるため、肌の表面に刺激が加わることがありません。

多くの美容施術は肌に何らかの傷が残ったりしますが、施術による肌荒れや、傷つけることがほとんどなく安全な施術ですね。

HIFU(ハイフ)の効果

ここからはHIFU(ハイフ)の効果についてお伝えしていきます。

HIFU(ハイフ)にはいろんな効果があるので1つずつ詳しく紹介します。

リフトアップ

HIFU(ハイフ)ではSMAS筋膜へ熱を加えることでリフトアップができます。

SMAS筋膜は肌の土台とも言われており、緩んでしまうと皮膚を支えきれなくなり、たるみに繋がります。

SMAS筋膜へ熱が伝わることで、本来の働きを取り戻しフェイスラインの引き締めが行えます。

また、HIFU(ハイフ)では肌の負担が抑えられて、根本の解決もできるため低リスクでリフトアップが行えますね。

肌質改善

HIFU(ハイフ)の熱が加わるとコラーゲン繊維が収縮して肌の引き締めに繋がります。

熱エネルギーを受けた組織はダメージを修復しようとするため、創傷治癒の過程でコラーゲンやエラスチンといった美肌成分の生成が促進されます。

この作用が数カ月続くことで肌質の改善も徐々に行えます。

ですので、SMAS筋膜に熱が伝わると肌質を改善できる効果も期待できるでしょう。

二重顎解消

HIFU(ハイフ)は顎下などにも直接照射できます。

顎下を照射すると、フェイスラインの時と同じようにSMAS筋膜に熱が加わり、肌の引き締めができます。

またピンポイントに照射しているため、特に顎下のたるみに効果的になります。

HIFU(ハイフ)がおすすめな人

HIFU(ハイフ)は多くの方から人気のある施術ですが、全員に効果的ではないので注意しましょう。

HIFU(ハイフ)がおすすめな人は

・フェイスラインのたるみが気になる方

・顎下のたるみ

・額のしわ

・ハリやツヤがない方

におすすめです。

HIFU(ハイフ)はリフトアップ以外にも様々な症状に対応ができるので、まずは1度医療機関で相談しましょう。

HIFU(ハイフ)が向いていない人

HIFU(ハイフ)が向いていない人は以下のようになります。

・20代でたるみが少ない方

・加齢によるたるみが大きく進んでいる方

・フェイスラインがシャープで脂肪がない方

皮膚の老化の進み具合は個人差がありますが、20代以下の方は、HIFU(ハイフ)が働きかけるSMAS筋膜の緩みが、あまり無い場合が多いです。

そうすると、緩みのある30代以上の方ほどは、効果を感じにくいかもしれませんので、おすすめしません。

逆に加齢による皮膚のたるみが進み過ぎている場合も、効果を感じにくいです。

また、フェイスラインがシャープで脂肪がない方は、施術によって、かえって顔がこけて見えるので、おすすめしません。

HIFU(ハイフ)が向いているか、他の施術が向いているかは、自分で判断せずに、一度カウンセリングに行って、信頼できる医師と相談しましょう。

HIFU(ハイフ)のメリット

ここからはHIFU(ハイフ)の3つのメリットをお伝えします。

他の施術と比べてもメリットが多いので紹介します。

施術時間が短い

HIFU(ハイフ)の治療時間は20〜40分程度で終了します。

ダウンタイムがほとんどなく副作用も起こりにくいため、仕事帰りや用事を済ませた後でも気軽に施術を受けられますね。

肌のダメージが少ない

HIFU(ハイフ)は肌へのダメージを最小限に抑えられるので、痛みに弱い方や敏感肌の方でも問題なく施術を受けられます。

同じリフトアップで切開を伴う場合は術後の麻酔が切れた後や副作用などで痛みを発症する可能性があります。

ですので他の施術と比べても肌へのダメージが少ないですね。

傷跡が残らない

HIFU(ハイフ)を安心して受けられるのは傷跡が残らないことですね。

先ほどもお伝えしましたが、HIFU(ハイフ)は、SMAS筋膜に熱を加えてリフトアップを行うので肌に傷がつくリスクはほとんどありません。

また、失敗のリスクもかなり低く安全に施術が受けられます。

HIFU(ハイフ)のデメリット

先ほどはHIFU(ハイフ)のメリットばかりお伝えしましたが、デメリットもあります。

ここからはHIFU(ハイフ)のデメリット3つを紹介します。
赤みや腫れが起きる場合がある

術後の副作用で赤みや腫れが起こる可能性があります。

確率は低いですが、人によっては発症することもあり、数日程度で症状は収まります。

基本的に多くの施術は副作用があるのでHIFU(ハイフ)は軽い方で症状も赤みや腫れくらいです。

ですので、油断はできませんが過剰な心配はいりません。

施術中の痛み

痛みには個人差があり歯につめものや矯正をしていたりすると、骨や歯に響くような痛みを伴います。

人それぞれですが、HIFU(ハイフ)で麻酔を使用することはほぼなく、出力を下げたり矯正をしている方はガーゼを挟んだりします。

HIFU(ハイフ)の施術直後は日焼け状態になり、乾燥をしやすくなっています。

ですので、洗顔はたっぷりの泡でやさしく行うなど刺激を与えないように注意し、ぬるま湯ですすいだ後は化粧水や乳液などで丁寧に保湿しましょう。

HIFU(ハイフ)の効果的なショット数

HIFU(ハイフ)の一般的なショット数は300~600ショットですが、施術部位や機械によって異なるため、効果的なショット数も幅広いです。

また、ショット数が多いほど効果はでやすいです。

ショット数が多いと照射漏れを防げ、対象部位全体にバランスよく照射できますね。

無駄に照射しても意味はないですが、対象部位全体に照射漏れがない程度が理想です。

ただ、ショット数が増えればその分金額も上がっていきます。

ハイフ(HIFU)の効果を高める方法

多くのメリットがあるHIFU(ハイフ)なので、しっかりとした医療施術で、理想通りの効果を実感したいですよね。

HIFU(ハイフ)の効果を高めるために、気を付けた方が良いポイントを見ていきましょう。

丁寧なアフターケア

HIFU(ハイフ)では、肌の内部に熱エネルギーを照射して、意図的なダメージを与えます。

施術直後は、お肌が乾燥に弱くなったり、紫外線の影響を受けやすくなりますので、丁寧にアフターケアを行うと良いでしょう。

日焼け止め・日傘などUVケアと、肌の保湿が大切です。

医師とのカウンセリングで、具体的なケアの方法や期間なども確認すると安心です。

適切な出力

お悩みや、希望する効果によって、適切な照射出力・ショット数が変わってくるので、事前の医師とのカウンセリングが肝心です。

希望や悩みを伝えて医師に理解してもらいましょう。

医師が医療の専門家として、お肌の状態に合わせて、強いだけでなく適切な出力とショット数で施術をデザインしてくれます。

照射パワーの高い機械を選ぶ

HIFU(ハイフ)の機器は、いくつもあります。

医療用、エステ用の違いによって、照射パワーは全く違います。

医療用の高いパワーの機器を備えたクリニックがおすすめです。

他の施術と組みあわせる

HIFU(ハイフ)は他の治療方法と併せることができます。

さらに、相乗効果も期待できます。

例えば、ヒアルロン酸注入は、HIFU(ハイフ)と組み合わせることが多い施術です。

ヒアルロン酸注入で、ふくらみをもたせて、HIFU(ハイフ)で、へこませたいところを施術する、といった具合に組み合わせて、効果を高めます。

技術の高い医師を指名する

HIFU(ハイフ)の高い効果を安全に受けるには、信頼のおけるクリニックを選び、技術の高い医師に施術してもらうことが一番ですね。

エステHIFU(ハイフ)などで報告されるトラブルも、医師や看護師の知識、技術であれば避けられたトラブル、もしくは長引かせないで済んだトラブルなどがあります。

HIFU(ハイフ)機器を熟知した技術の高い医師が施術するクリニックを選びましょう。

HIFU(ハイフ)の効果の持続期間

HIFU(ハイフ)は皮膚を切る施術ではないため、永久的ではありません。

リフトアップ効果は、およそ6ヶ月~1年と言われています。効果の持続期間は、医療機器の種類や、施術内容、生活習慣の違いなどによって、個人差があります。

もちろん1回の施術だけでも、効果は充分に感じられるようですが、長期間効果を持続させたい方は、3ヶ月~1年のペースで、再度、施術を受ける方が多いようです。

HIFU(ハイフ)の効果は何日後から?

HIFU(ハイフ)の効果を実感できるのも、個人差があります。

なかには、施術後すぐに効果を感じる方もおり、1週間以上経ってから感じる方もいます。

HIFU(ハイフ)の施術後1ヶ月~3ヶ月の間は、コラーゲンやエラスチンが生成され続けるために、多くの方が効果を実感するようです。

一般的には、1ヶ月後からが効果を感じやすいです。

HIFU(ハイフ)は1回でも効果ある?

HIFU(ハイフ)は1回でも充分に効果を感じやすいです。

大事なイベントに合わせて施術を受ける方もいると思います。

もちろん、繰り返しHIFU(ハイフ)を受けることで効果の持続期間は長くなり、高まりますが1回でも医療HIFU(ハイフ)を受けることで効果は期待できます。

HIFU(ハイフ)の効果を実感しやすい部位

HIFU(ハイフ)は、皮膚の浅い層に働きかけることもできて、タイトニング効果や、美肌効果、脂肪細胞の破壊による二の腕の引き締めや腕の痩身効果の期待があります。

ですが、熱エネルギーがお肌の深い層(SMAS筋膜)まで働きかけるので、皮膚の土台となる部分のたるみが改善され、リフトアップや小顔効果が期待できることです。

特に効果がわかりやすいのは、「フェイスライン」「頬・ほうれい線」「あご下」です。

フェイスライン

フェイスラインは、HIFU(ハイフ)の効果を実感しやすい部位です。

フェイスラインのもたつきが解消されると、小顔に見える、お顔がハッキリとシャープな印象になるなどの効果が期待できます。

個人差はありますが、医療HIFU(ハイフ)は、熱エネルギーがお肌のSMAS筋膜まで作用するので、35歳以上の加齢によるたるみに働きかけます。

HIFU(ハイフ)は、メスで切開し皮膚を切り取ってリフトアップする手術と違って、皮膚に傷跡が残るリスクやダウンタイムを抑えて、フェイスラインを整える効果が期待できる医療施術です。

ほうれい線

ほうれい線が目立ってくるのも、加齢によるたるみが原因なので、医療HIFU(ハイフ)でSMAS筋膜まで働きかけると、ほうれい線が目立ちにくくなります。

HIFU(ハイフ)の熱エネルギー照射でダメージを受けた肌は、回復のためにコラーゲンやエラスチンの生成が促進され、美肌効果も期待できます。

ほうれい線が目立たなくなるのは、複数の理由があるかもしれませんね。

あご下

二重あごなど、加齢とともにたるみの気になるのはあご下ですよね。

HIFU(ハイフ)は、あご下のたるみ改善にも効果があります。

SMAS筋膜まで届き、肌の土台から作用することと、筋膜の手前の脂肪細胞を破壊し、時間の経過とともに破壊された細胞が排出され、あごがスッキリとしてシャープに見えます。

ハイフ(HIFU)で効果がでない原因

美容効果として画期的なHIFU(ハイフ)ですが、中には、効果を感じられなかったケースもあります。

ここからはどんなケースがあるのか見ていきましょう。

施術回数が少ない

HIFU(ハイフ)の効果は永久的ではなく、人によっては3ヶ月~6ヶ月程度しか効果を感じない方もいます。

定期的に施術を受けることで、効果が持続して、改善していくことも期待できますので、医師とカウンセリングしながら、希望する効果が出せるように、何回くらいの施術が良いのかよく相談していきましょう。

腫れやむくみがある

HIFU(ハイフ)の熱照射ダメージによって、一時的に晴れやむくみが起きていると、効果が実感しにくいです。

メスで切るリフトアップ手術よりダウンタイムがないのが、HIFU(ハイフ)ですが、肌の状態や、照射出力やショット数によって、腫れやむくみが、すぐにひかなくて、数日~数週間残る場合もあります。

腫れやむくみが残っている間は、効果を実感しにくいので、自然にひいていくまで、様子を見ましょう。

出力不足

HIFU(ハイフ)は照射出力や、ショット数によって効果が変わってきます。

HIFU(ハイフ)は「医療HIFU(ハイフ)」と「エステHIFU(ハイフ)」の二つに分けられます。

医療用は照射出力などのパワーが強く、医師の確かな知識によるカウンセリングをした上で行いますから、効果も、安全性も高いです。料金は、医療用の方が高い傾向です。

効果を実感するためにも、安全面も、医療用HIFU(ハイフ)を受けるのがポイントかもしれません。

脂肪が少なかった

HIFU(ハイフ)を受けると、脂肪細胞が破壊されるので、もともと脂肪が少ない皮膚に照射すると、かえって皮膚が余ってたるみが出たり、頬がこけたように見えることがありす。

施術前の医師とのカウンセリングで、得たい効果をしっかり伝えて、どこに照射したら、HIFU(ハイフ)の効果を高められるか、しっかりとした医療技術のあるクリニックで受けることが大切です。

医療HIFU(ハイフ)の施術価格の相場

医療HIFUハイフは料金の差が大きいですが、約40,000円(税込)〜約80,000円(税込)です。

医療HIFUハイフは複数の種類があり、照射範囲や機械によって持続性や効果が異なってきます。

そのため価格にも大きな差が出ます。

また、各クリニックによって扱っている機械も値段も大きく異なるため、自分にあったクリニックを選びましょう。

値段は幅広く差がありますが、高ければ良いというわけでもありません。
クリニックによって扱っている機械も違えば、施術者も違います。

高いお金を払っても効果が出なければ意味がありませんね。

ですので、安いクリニックへ行くより自分が効果を発揮できると思うクリニックへ行きましょう。

医療HIFU(ハイフ)とエステHIFU(ハイフ)の違いは?

医療HIFU(ハイフ)とエステHIFU(ハイフ)の違いは施術者と出力に大きな違いがあります。

医療HIFU(ハイフ)は国家資格をもった医師が施術するため、高い出力を発揮する機械で肌のトラブルなども考慮したうえで施術します。

エステHIFU(ハイフ)は資格を持っていない一般のスタッフが行います。

エステHIFU(ハイフ)は医療HIFU(ハイフ)に比べて出力が低いため、効果を発揮するまでに時間がかかります。

また、本来 HIFU (ハイフ)は国家資格を保有している施術者が行うべきですが、エステHIFU(ハイフ)では資格をもっていないため、トラブルになるリスクも高いです。

ですので、医療HIFU(ハイフ)の方が安全で高い効果を実感できるでしょう。

また、医療HIFU(ハイフ)の場合は施術者の知識や技術も高いので理想通りの効果を見込めますね。

HIFU(ハイフ)のクリニックを選ぶポイント

ここからはHIFU(ハイフ)を選ぶポイントを3つお伝えします。

失敗した後では後悔してしまうので、クリニック選びは重要です。

信頼できるクリニックへ行く

高額な金額を払って施術を受けるので信頼関係はとても大切です。

よく、「安いから選んだ」や「家から近いから選んだ」など自分にとってのメリットしかない部分で判断する方がいます。

ですが、施術を受けるので適切な効果の発揮やアフターケアなど自分の身体を一番大切にしてくれるクリニックへ通院するのがおすすめです。

失敗してからでは後悔しますね。

口コミ評判を確認

クリニックの評判は通院するうえで参考にするポイントです。

評判は実際にクリニックで施術を受けた人が評価としてSNSなどに思ったことを発信します。

近年ではSNSの発達により、誰でも発信ができるので名指しでクリニックの評価をしている人も多くいます。

クリニックに通院しなくても、施術を受けた人の感想が聞けるのは貴重なので参考にしましょう。

また近年では口コミの重要性があがり、多くのクリニックの口コミが確認できます。

口コミサイトによっては施術ごとにカテゴリーが分かれており、自分が受けたい施術を確認できます。

気になる施術の口コミを直接見られるので、効果や対応、アフターケアなど細かい部分まで把握できますね。

効果は出ても対応が悪かったなど、実際に施術を受けないと分からないことが多いので貴重な意見ですね。

あらかじめ評判を知っておくことで、失敗や効果が出なかったなどを避けられる確率が上がります。

症例の確認

症例ではどの程度効果を発揮できているか確認できます。

症例の多くは一般の患者さんをモニターとして、施術した例が多く参考になりやすいです。

また、症例を見る時は、

・近い年齢の方の症例を見る

・同性の方の症例を見る

・症状が似ている方の症例を見る

・症例でどのくらい効果を発揮できているか見る

といった点がポイントになります。

また、各クリニックの効果には差があります。

例えば、30代女性の場合、効果は出ているが、50代の女性の場合は効果がでていない場合もあります。

ですので、できる限り多くの症例を見ましょう。

HIFU(ハイフ)の注意点

ここからはHIFU(ハイフ)の注意点について3つお伝えします。

施術を受ける前に関らず把握しておきましょう。

紫外線を浴びないようにする

紫外線は肌への刺激が強いため施術後は避けましょう。

外出時は必ず日焼け止めを塗るようにして、保湿も忘れないようにしましょう。

施術を受けられない人がいる

以下に当てはまる方はハイフの施術を受けられません。

・妊娠している方

・顔に金属が入っている方

・持病や皮膚の病気がある方

などは施術を受けられません。

この他にも医師の判断で施術を受けられない場合もあるので注意しましょう。

また不安な方はあらかじめ医師に相談をして確実にHIFU(ハイフ)が受けられるかを確認しましょう。

医療機関で施術をする

HIFU(ハイフ)は医療行為なので必ず医療機関で施術を受けましょう。

エステHIFU(ハイフ)が最近は増えていますが、医療資格を所有してない人が施術を行うので危険が伴います。

よく「火傷をした」や「肌のトラブルが起こった」など問題が発生します。

その際にエステHIFU(ハイフ)では適切な対応が行われないケースもあります。

ですのでHIFU(ハイフ)を受ける時は医療資格を所有しているクリニックで受けましょう。

 

ハイフによる失敗例

HIFU(ハイフ)は熱エネルギーの照射によって、コラーゲンの増産や筋膜の引き締めを行う施術ですが、余計なダメージがかかってトラブルになることがあります。

医療機関であれば、そのようなトラブルは起きにくく、エステサロンでのHIFU(ハイフ)施術による例があります。

火傷や水ぶくれ

通常のHIFU(ハイフ)では、火傷や水ぶくれにはなりにくいものの、骨に近い部位に照射した場合、骨に反射してしまうなどで発生することがあります。

外用薬を塗布したりと、適切な処置をすれば、徐々に皮膚が再生してきますがひどい場合は傷が残ってしまうこともあります。

そういったトラブルを避けるために、皮膚の構造やHIFU(ハイフ)について詳しい医師の施術を受けることがおすすめです。

 

神経損傷・麻痺

非常に稀なケースですが、誤った部位への施術や過度な照射出力が原因で、しびれや神経損傷が発生することがあります。

完治するまでに数ヶ月かかることもあり、日常生活への影響もあるかもしれないので気を付けましょう。

また、しびれなど異常を感じた場合は病院へ行きましょう。

 

ハイフの施術の流れ

ここからはHIFU(ハイフ)の施術の流れについて紹介します。

カウンセリング

HIFU(ハイフ)は、医療行為ですから、施術前に医師とカウンセリングを行います。

どの部位に、どのくらいの強さで何回照射するのが良いか、どんな効果が期待できて、どんなリスクがあるのか、よく相談することが大切です。

せっかく医療施術を受けるのですから、希望通りの効果を出せるように、しっかりカウンセリングをしましょう。

施術

HIFU(ハイフ)の施術は20分~45分程度で終了します。

時間も短く、直後からメイクも可能です。

アフターケア

HIFU(ハイフ)終了後はしっかりと保湿をしましょう。

また赤みがでる場合もありますが、数日程度で引くので過度な心配はいりません。

よくある質問

  • Q : HIFU(ハイフ)を受けるとガンになる?

A : インターネット上の口コミには、「HIFU(ハイフ)の施術を、何回も受けると、将来ガンになる」といったものがあります。

口コミで不安を感じてる方もいるかもしれません。

しかし、HIFU(ハイフ)そのものが、ガンの原因になるという、科学的根拠はありません。

  • Q : エステHIFU(ハイフ)との違いは何ですか?

A : 出力が違います。

医療HIFU(ハイフ)の方が高出力で治療ができるため、早く効果を発揮できます。

効果や安全性を考えると医療HIFU(ハイフ)の方がおすすめです。

  • Q : 痛みはありますか?

A : 痛みは個人差にもよりますが、骨や歯に響くような痛みを伴います。

痛みの感じ方には個人差がありますが、強い痛みではないので我慢できるくらいでしょう。

  • Q : ダウンタイムはありますか?

A : ダウンタイムはほとんどないですが、赤みや火照りが出る場合があります。

ですが、数時間程度で引くため心配いりません。

長い場合でも数日程度で痛みは引きます。

  • Q : 施術後に気をつけることはありますか?

A : 施術後は肌が乾燥しやすいので保湿をしっかりとしましょう。

また、紫外線は肌へのダメージが大きいので日焼け止めを必ず塗りましょう。

  • Q : たるみが悪化することはある?

A : もともとお顔がシャープで、脂肪が少ない方や、皮膚のたるみが大きく進行している方は、HIFU(ハイフ)の施術を受けることで、皮膚が余って、たるみが悪化してしまうことがあります。

施術頻度が多すぎても原因となることがあります。

事前のカウンセリングで、医師とよく相談しながら、適切な間隔で受けるようにしてください。

  • Q : 20代は受けない方が良い?

A : 20代以下の方は、加齢によるたるみが少ないため、30代~40代に比べると、効果を感じにくいようです。

特に顔の脂肪が少ない方の場合は、施術後に頬がこけて、かえって老けて見えることもあります。

また、ハイフは組織を傷つけ、その再生する力を利用した治療です。過度な刺激は、若年層には慎重に判断するべきですね。

お肌の老化の進み具合は、個人差がありますから、HIFU(ハイフ)が気になっている20代以下の方は、一度、医師に相談してみるのがいいでしょう。

  • Q : 失敗するとどうなる?

A : 火傷や水ぶくれや神経損傷などのリスクがあります。

HIFU(ハイフ)は、メスで切らずに気軽にリフトアップ効果が期待できる人気の美容治療ですが、上記のようなリスクがあります。

ですのでトラブルを避けるために、医療機関で、知識・経験ともに豊富な施術者から、治療してもらうようにした方が良いですね。

信頼できるクリニックなら、万が一の時も、きちんとアフターケアをしてくれます。

万が一の時にも、きちんと対処してくれるクリニックか、チェックしてから受けましょう。
理想的なフェイスとボディを手に入れましょう

Archiveアーカイブ

麹町皮ふ科・形成外科クリニック

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5
平和第一ビル地下1階

TEL03-6261-4320

麹町、半蔵門、永田町駅:徒歩1~5分

BIOTOPE CLINIC

東京都港区白金台4丁目9-10
グリーンリーブス 2F

TEL03-5422-9901

白金台駅 出口1から徒歩1分